1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

まるでナメック星!300もの固有の生態系をもつ世界遺産の島とは

【旅のTIPS募集中!行ったことある方ぜひコメントを!】地球じゃないみたいな風景が広がる、世界遺産のソコトラ島。イエメン領で、ドラゴンボールのナメック星みたいなところです。

更新日: 2013年12月01日

699 お気に入り 151673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fwriter4140さん

なにこれ・・・ここは地球?

英名:Socotra Archipelago
仏名:Archipel de Socotra
登録年:2008年
区分:自然遺産

ソコトラ島には、どこか現実離れした、摩訶不思議な景観が広がっている。

世界で唯一のウリ科の樹木である「キューカンバーツリー」や、幹が異様に肥大した「ボトルツリー」など、不思議な形態をした植物が多くあります。

島の植物は900種を数えその内300種が固有の植物です。爬虫類は24種、鳥類は8種の固有種が現在確認され、生息する昆虫の多くもソコトラ島の固有種という特異な島なのです

インド洋に位置する島です

意外と近いですね・・・

イエメン共和国にあるソコトラ島は、過酷なアフリカ的な自然と、中東的な文化を持っている島である。

イエメンの都会アデン(かつての南イエメンの首都)の東方沖約900km、アデン湾の入り口に近いインド洋上にある。
「アフリカの角」東端のソマリアのアシール岬の東北東沖約240kmに位置する軍事的要衝で、イエメンの海軍施設がおかれている。

中心は北岸の町ハディーボ(タムリダ)。島民の多くがヤギや牛を飼育している。面積は3110km2。人口は約2万人。

島で最大の街とのことです

なぜこんな独特な島になったの?

出典livedoor.blogimg.jp

2300万年から500万年前、地殻変動によりアフリカ大陸から切り離されたとされるソコトラ島には、元々アフリカと同種の植物が多かったのです。

しかし、アフリカ大陸では砂漠化が進み、植物が絶滅してしまいました。一方、ソコトラ島はこの地域に吹き込む、湿気を含んだモンスーン(季節風)の影響で霧が発生し、植物が育つだけの水分が保持されていました。

苛酷な気象条件の中で長い年月の間に動植物は独自の進化を遂げ、アラビア半島に位置するイエメン本土とは全く異なる生態系が作り出されました。

ソコトラ島へ吹き込むモンスーンは、強烈なため、植物はその風に負けないようにするため全体的に背が低く、最も高いものでも5mほどしかありません

独特の生態系たちをお楽しみください

■竜血樹(Dracaena cinnabari )

「竜血樹」と呼ばれるのは、この木の樹脂が赤いことに由来している

。「シナバル」という竜血樹の樹脂の塊は医薬品として重宝され、古くはローマ軍が戦闘で傷を負ったときに止血剤としてシナバルを塗り、その傷を癒したとされています。

出典livedoor.blogimg.jp

美しいですね

出典livedoor.blogimg.jp

ちょうどいい木陰ができます

出典livedoor.blogimg.jp

1 2 3