提供:UULA

婚カツ疲れが原因?いま復縁ブームきてるらしい。

婚活ブームで幅広い出会いを求めてはみたものの、あまり期待が持てないなどの理由から、最近では女子の間で「復縁」がひそかなブームになってるそうです。

更新日: 2013年11月27日

144 お気に入り 369738 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「婚活」の裏でブームになってた

「恋の上書き」を出来ない女性が増えてる…?

「復縁」とGoogleで検索するだけで約960万件ものヒット件数があり、1,200万件の「片想い」に肉薄する勢い

新たな出会いに期待が持てない、もしくは面倒という理由から、婚活ブームと並行して「復縁ブーム」というのが盛り上がっている

昨年12月に女性誌「an・an」が「復活愛のススメ」という特集を組んだり、書店には「復縁」のノウハウを説く本がずらりと並ぶ

通称”モトカレ本”と呼ばれているとか。

意外に多い?「復縁勝ちパターン」

「元サヤ」ってあまりうまく行くイメージがなかったけど。。

「モトカレ/カノとの復縁に関する実態調査」夫婦の約2割が復縁婚、男女の約9割が「モトサヤ恋愛/結婚はあり」と回答している。

ホントに…!?

彼を振って新しい彼と付き合いだしたものの、元カレの良さに気づき、ヨリを戻したいと手紙を書いて復縁。そんな自分勝手な私を受け入れてくれた彼は、今では旦那で結婚3年目です。

彼に好きな子が出来て振られてしまい、その後復縁しましたが、マンネリ化や彼にべったりの生活にならないように気をつけるようになりました。その後結婚して14年経ちますが、今でもラブラブです。

調べてみると、結婚までいった人も少なくない印象。

ブームが昂じてこんなサービスまで。。

地味に盛り上がる「復縁市場」

一般的に「別れさせ屋」は有名だが、最近は「復縁屋」として探偵が復縁業をやっていることもある

復縁アドバイザーなるコンサルタント業では、2006年からの3年だけで1万3000件もの相談がきている

メールでの相談だけでなく、直接、講師から教わる“復縁セミナー”も各地で開かれているほど

まさかのセミナーまで…

実際にあったドラマみたいな展開

探すと結構見つかる復縁エピソード。

東京と札幌で遠距離していた彼と別れて5年後、クリスマスイヴの帰り道に街でぶつかった人が元カレでした。彼は奇跡的に札幌で会えたらプロポーズしようと東京から決めて来たらしく、そのまま結婚しました!

そんなことあるの!?

17才のころ付き合っていて別れた彼氏と、10年後コンビニの一台しかないレジ待ちでばったり。無視も出来ず、それをきっかけにまた付き合い始めました。

どうしても諦めきれなかった元カレ。共通の友達に頼み込んで、少人数での食事会をセッティングしてもらいました。1年ぶりに会ったところ、良い意味でお互い変わっていたし、昔のことを許せる雰囲気になっていたと思います。

『だらしないところを見てると、女性として大切にできない』という理由でフラれた私…。諦めきれないので、彼から嫌われた部分をできるかぎり直してから、アプローチしました。やっぱり行動で見せるのが一番です。

スマホ向けドラマも世相を反映…?

スマホアプリUULAで独占配信される「復活愛」をテーマにしたオムニバスドラマ。

元彼との復活願望があると言われる現実をとらえ、「先生との8年ぶりの再会」や「年下男子との復縁」など誰もが共感できる「復活愛」を4つのエピソードで描き出していく。

エピーソード2で主役を演じた佐野和真は「とても気持ちが温かくなる作品です。主人公の気持ちになって一緒にドキドキしたり、しょげてみたりしていただけたら嬉しいです」とPR。

1