1. まとめトップ

Google翻訳を、多言語話者が使ってみたら……

英語とトルコ語でシンプルなbe動詞の文の肯定・否定が逆転するという事例の報告がありました。ついでに、あろうことか、フランス語と英語でも。Dear Google, at least make this thing properly work, please.

更新日: 2013年10月30日

2 お気に入り 2782 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

タマムさんは多言語話者: A multi-lingual tweep currently in Turkey

I need a Turkish person to edit a very small piece for me. Thanks!

@TamamAbusalamaさんはパレスチナ、ガザ地区出身の大学生。母語はアラビア語で、Twitterでは英語とアラビア語を使用。最近、ツイートにトルコ語が見られるようになったと思ったら、現在はトルコの大学で寮生活をしているそうです。ほか、スペイン語やフランス語なども多少おできになるかもしれません。(パレスチナは本当に、多言語話者が多い!)

このツイートは、「トルコ語の短い文章をチェックしてほしい」という依頼の呼びかけ(それを母語のアラビア語でも、対象言語のトルコ語でもなく英語で行うというこの多言語性)。

We took classes to criticize the #nationalism in Turkey. I open my window to find my university hanging Ataturk poster and Turkey's flag.

大学での日常のひとコマ。「授業でトルコのナショナリズムを批判しているが、窓を開けて外をみれば、大学にはアタチュルクのポスターが掲げられ、トルコ国旗が掲揚されている」

Ataturk photos and Turkey flag are everywhere even in the shops and metro stations. #Ankara

「アンカラでは、そこらじゅうにアタチュルクの写真とトルコ国旗がある。商店や地下鉄駅にでさえ」

There is a huge difference between nationalism and patriotism. #Turkey

「ナショナリズムとパトリオティズムの間には、ものすごく大きな差異がある」

ある日、彼女がGoogle翻訳で……: One day, she's using Google Translate

It's just INTERESTING that if you want to translate sth related to religion from English to Turkish, Google'll translate it to the opposite

そんなタマムさんがGoogle翻訳で遊んでいる……。「宗教に関することを、英語からトルコ語にしようとしてGoogle翻訳を使うと、なぜか、真逆の意味になる」

For ex, If you write" I'm an atheist " in #English, #Google translates it into " I'm NOT an atheist " in #Turkish #PT pic.twitter.com/aPHcF56Kcf

「例えば、英語で『私は無神論者である』と入力しトルコ語に翻訳する場合、Google翻訳はそれを『私は無神論者ではない』と訳出して返す」

Or if you write " I'm Muslim" in #English, #Google will translate it to "I'm NOT Muslim " in #Turkish. #PT pic.twitter.com/ZZ5uGxNYsC

「あるいは、Google翻訳では『私はムスリムである』という英語は、『私はムスリムではない』というトルコ語に翻訳される」

……
こんなの、「翻訳」って呼んじゃいけないですよね。

You just can't call something like this a "translation system".

It's the same if you write " I'm Jewish" or " I'm christian ". pic.twitter.com/0nfr8PBaqU

「『私はユダヤ教徒である』とか、『私はキリスト教徒である』と書いても、同じである」

@TamamAbusalama It seems the translator is wrong not only about religion ("I am a docker", "I am a tailor"..) but works with "I am white"

@Orkhon_ さんは、プロフィールを見ると、フランス語話者。「肯定文が否定文にされるのは、宗教に関してだけではないが、『私は白人である』はなぜか正しく出力される」

@Orkhon_ It's interesting anyways!

……これは「興味深い」というより「変なの!(笑)」と訳すべきだろうな、日本語では。

@TamamAbusalama Indeed :) It works from french for muslim (Je suis musulman) but not for jewish (Je suis juif)... It's weird :D

うは。仏英のGoogle翻訳使う人多いと思うけど、これは。。。否定と肯定が逆転するケースが仏英でさえあるなんて。

@Orkhon_ @TamamAbusalama Affirmative/negative mistranslations are the "norm" w/ Google Trans. Chinese to Japanese, Portuguese 2 English etc.

@Orkhon_ @TamamAbusalama That's why I never recommend to use it 4 Jp. Anyway it's good to know this happens for Turkish and even French! Thx

【ご注意】
なお、本稿は、「機械翻訳一般」についての論ではなく、「Google翻訳」についての実例報告を意図しています。

「機械翻訳は使える/使えない」の議論は、別の話です。

「Google翻訳はだめかもしれないが、他のツールでは……」といった話題は、ここのコメント欄など、当方の管理領域内で膨らませることは、どうか、しないでください。(このページを参照しながら、あなたの管理領域内でその話を展開されることは、もちろん自由です。)

See also:

1