2010年3月には、『Telegraph』紙と『Japan Times』紙が、日本の沿岸で発見されたり打ち上げられたりするリュウグウノツカイの数が増えていると報じていた。
その1年後の3月に壊滅的な地震が日本を襲ったこともあり、この魚はその前兆だったとする陰謀説が生まれ、今も広まり続けている。

出典「リュウグウノツカイ」米国西海岸で相次いで発見! 大地震との関係は?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

地震の前兆?最近よく発見される「リュウグウノツカイ」

深海魚「リュウグウノツカイ」普段その姿はまずお目にかかる事は少ないが、最近その発見報告例が増えている。このリュウグウノツカイ、古くから地震の前兆や災害の前触れとする言い伝えが各地に存在する。その因果関係は?

このまとめを見る