1. まとめトップ

これから働くママ必見!必ず揃えたい「三種の神器」家電編

働きながら子育てをする働くママたちが少しでも充実したワークライフバランスを保てるように、働くママのための三種の神器の紹介です。

更新日: 2013年10月30日

2 お気に入り 24256 view
お気に入り追加

そもそも三種の神器とは・・・

電化製品の三種の神器(さんしゅのじんぎ)とは、戦後日本において、新時代の生活必需品として宣伝された3種類の耐久消費財である。

1950年代後半、日本経済が急成長した時代・・・

白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の家電3品目が『三種の神器』として喧伝された

1960年半ば、東京オリンピックが開催されたころ・・・

カラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car) の3種類の耐久消費財が新・三種の神器として喧伝された。これら3種類の耐久消費財の頭文字が総てCであることから、3Cとも呼ばれた。

2010年代前半、女性の社会進出からしばらくすると・・・

子どもを授かってからは、
今まで知らなかった新しい世界が見えて、
その世界になじむために悪戦苦闘!

さらに、あっという間に仕事へ復帰。
家庭から飛び出すことに期待を持ちつつも、
本当に子育てをしながら仕事ができるのか、
と悩むのは、必ず通る道。

我が家の待機児童問題が解消されたら、
次に「タイムマネージメント」を考えましょう。

「しなければいけないこと」にかかる時間を短縮し
「したいこと・してあげたいこと」にかける時間を
確保したい、でもどうやったら・・・?

そんなあなたが揃えるべきは
「働くママの三種の神器」です。

1.乾燥機能つき洗濯機

一般的に洗濯乾燥機と呼称される、全自動洗濯機にさらに乾燥機能がついたもの。「洗い」「すすぎ」「脱水」「乾燥」まで1つの槽で全自動で行うことが可能。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%97%E6%BF%AF%E6%A9%9F

彼らがぐるぐるジャブジャブ働いている間に、絵本を3冊は読んであげられます!

2.食器洗い機 食洗機

現在のものは食器を洗い終わった後に熱風で乾燥させる、食器洗い乾燥機と呼ばれるタイプのものが主流。システムキッチンなどに組み込むビルトインタイプ、電子レンジの様にキッチンの片隅などに置く卓上タイプがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%99%A8%E6%B4%97%E3%81%84%E6%A9%9F

まず、何でも洗います。
ナイフとフォーク鍋、まな板、五徳、魚焼き器の網・・・

手で擦らないとちゃんと落ちないと思ってたけど、食器洗い機は高温で洗うし、私が買ったのは洗う前にミストで汚れを浮かすんです。油汚れも洗ったあとは「キュッキュッ」ってピカピカ!除菌も出来ます

もはや、食器を自分の手で洗うなんて考えられない。
食洗機が洗っている間は、自分の時間になります。
自分でで洗うより節水だそうですよ。
何と言っても、すごくキレイになるし、乾いていて衛生的です。

3.掃除用ロボット(ルンバなど)

主に家庭やオフィスビル、プールなどで清掃を行うことを想定しており、自律的に動く点が従来の電気掃除機と異なる。

家庭用は、薄い円盤型の本体内[1]に充電式の電源を内蔵しておりコードレスである。本体の下面にブラシが、側面にはセンサーを備えることで、家具や壁面を衝突するか又は避けるように床面を自律走行しながら、サイドブラシでゴミを本体下面に集めて塵埃を吸引・収集してゆく。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%83%E9%99%A4%E7%94%A8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88

外出前にスイッチを入れておけば、帰宅後の部屋はピカピカ。共働きで、昼間は誰も自宅にいない我家ではかなり重宝している。

「掃除機片手に部屋中を掃除しなくてもよくなった!」
という解放感はすごいものがあります。

ルンバちゃんがお掃除しやすいように、余分な障害物を片づけるようになる

ルンバが掃除するには「ルン場」なる、活躍できるスペースが必要みたいです。だから意識的に片づけるようになるのも、副次的効果ですね。

仕事も家事も完璧にやる、なんて思わないで!

せっかくの親子の時間は楽しい時間に。
なんとかねん出した時間で子どもと一緒に
イベントなどに参加してみてはいかがでしょうか。

1





you-and-me.coさん

このまとめに参加する