1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【医学】 東大が発見 脂肪を燃やす新物質「アディポロン」 メタボや糖尿病の治療にも

血糖値や体脂肪を減らすホルモンと同じ働きをする物質を、東大の門脇教授らのチームが発見。運動不足でも脂肪が燃やせる薬の、5年以内の開発を目指しています。

更新日: 2013年10月31日

9 お気に入り 12708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

henkoreさん

体内で血糖値を下げたり脂肪を燃やしたりする物質を東京大学の研究チームが発見し、糖尿病やメタボリックシンドロームの新たな治療法の開発につながると期待されています。

体内の善玉ホルモン「アディポネクチン」と同じ働きの物質を発見

アディポネクチンは体内に自然に存在するホルモンで、インスリンとは異なる方法で、運動したのと同じ血糖値の低下などの効果をおよぼす。

血糖値を下げたり脂肪を燃やしたりする「アディポネクチン」というホルモンの分泌が糖尿病の患者や、運動不足などからメタボリックシンドロームになった人では、大幅に減っていることを突き止めています。
今回、研究グループは、600万種類以上の物質の中からこのホルモンと同じ働きをする物質を探し出し「アディポロン」と名付けました。

体の中では、脂肪を蓄えている脂肪細胞から出る善玉ホルモンが全身をめぐり、血糖値を下げたり脂肪を減らしたりしている。今回見つけた化合物の「アディポロン」は、善玉ホルモンと同様の働きをするという。

つまり、アディポネクチンは、インスリンの作用を介さずに、運動効果とほとんど類似のグルコースを取り込む作用を示すことになる。

アディポネクチンは肥満や運動不足で減ってしまう…

アディポネクチンは血管保護の作用があり、脂肪細胞から正常に分泌されていると、動脈硬化などの抑制に効果が期待できる。食べ過ぎや運動不足で内臓脂肪が蓄積されると、分泌量が減るという特徴がある。

血中アディポネクチン濃度は内臓脂肪量に逆相関する。そのメカニズムは不明な点が多いが、一部は肥満脂肪組織で増加するTNFαなどによるものと考えられている。最近は、糖質制限食でアディポネクチンが増加するという報告がある。

発見された「アディポロン」でアディポネクチンの代わりを

研究グループは、東大の化合物ライブラリーなどに蓄積された614万種類の化合物の中から、アディポネクチンと同じような働きをする「アディポロン」(アディポネクチン受容体活性化低分子化合物)を発見。

こうした中でアディポロンは、2型糖尿病やメタボの画期的な治療法となるほか、心筋梗塞や脳梗塞、がん、アルツハイマー病などにも効果が期待されるという。

発見した東大の門脇教授は「メタボ」の権威

日本における2型糖尿病研究の第一人者であり、メタボリック症候群、肥満症の専門医としても知られる。最先端の糖尿病研究の指導者として、ガイドラインの策定にも関与。研究成果における国際的な評価も高い。

共同研究の山内講師も、アディポネクチンの研究で日本学術振興会賞を受賞。

5年以内に実用化を

門脇教授は「5年以内の実用化を目指したい」と話しており、製薬会社との共同開発も検討しているという。

門脇教授は、「アカデミア主導の創薬として今後、産業界とも連携し、オールジャパンの体制で最速で開発を進める。5年以内にファースト・イン・マン試験に持っていきたい」としている。

1