1. まとめトップ

二酸化炭素排出量ゼロ!!カーボンニュートラルのバイオマスエネルギー

カーボンフリーとは。バイオマスエネルギーとは。

更新日: 2013年11月04日

naosuke0219さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 4116 view
お気に入り追加

バイオマスとは

バイオマス (biomass) とは生態学で、特定の時点においてある空間に存在する生物(bio-)の量を、物質の量(mass)として表現したもの

バイオマスを用いた燃料は、バイオ燃料(biofuel)またはエコ燃料 (ecofuel) と呼ばれている

再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの

新技術として乾留ガス化発電を用いたエネルギー利用が脚光を浴びている

バイオマスは有機物であるため、燃焼させると二酸化炭素が排出される。しかしこれに含まれる炭素は、そのバイオマスが成長過程で光合成により大気中から吸収した二酸化炭素に由来する。そのため、バイオマスを使用しても全体として見れば大気中の二酸化炭素量を増加させていないと考えてよいとされる

各電力会社では火力発電所での石炭と間伐材等との混焼が進められており、実証試験の段階から本格実施へと移行している

EU諸国におけるバイオマス・エネルギー供給(薪、木質系廃棄物、都市廃棄物、混焼等)は同地域の一次エネルギー総供給量の約3.3%を占めている

バイオマスエネルギーには、木質燃料、バイオ燃料(バイオエタノール)、バイオガスなどさまざまな種類があります

事例紹介

デメリット

バイオマス発電によって発電を行うには発電所の建設や建築資材に関わる資材の運搬、送電線の設置や開発工事などの課程で大量の二酸化炭素を放出することになる

バイオ燃料の需要があまりにも大きくなると今まで野菜類などの農作物を育てていた農家がバイオ燃料用の農作物の生産に切り替えてしまう可能性もあり、結果的に食物が不足し食べ物の価格高騰を招く要因となる可能性もある

バイオマス発電に利用するバイオ燃料の原料となる農作物を作る為に森林を開拓する等、結果的に環境破壊が進む可能性がある

バイオマス発電に利用する燃料のうち、調達が最も難しいのは木材(木質バイオマス)だろう

未利用の状態で残っている木材の大半は、森林を健全な状態に保つために樹木の一部を伐採した「間伐材」

バイオマス発電の事業者にとって、燃料の確保と同様に厄介な問題が分別だ

使用する燃料の出所を示す証明書が必要になる。その点で最も手間がかかるのは、買取価格の差が大きい木質バイオマスの場合だ。

1





naosuke0219さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう