1. まとめトップ
1 お気に入り 441 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cutinViolaさん

 米VMwareは現地時間2011年3月9日、Windowsベースの仮想デスクトップ環境を米Appleのタブレット端末「iPad」で利用するためのクライアントアプリケーション「VMware View Client for iPad」の提供を始めたと発表した。Appleのモバイルアプリケーション配信/販売サービス「App Store」で無償配布している。

 調査会社のIDCジャパン(東京・千代田)は6日、専用ソフトで1台の利用効率を上げる「仮想化サーバー」の国内市場予測を発表した。2015年の出荷台数は10年比40.5%増の12万6932台の見通し。コスト削減が可能なため大企業だけでなく中堅、中小の導入も進むとみている。

大阪府と和歌山県で鉄道・不動産事業を展開する南海電気鉄道は2015年末までに、仮想化技術を活用し、従来の物理サーバー70台を10台に集約する。2012年7月3日にシステム基盤を提供する富士通とヴイエムウェアが発表した。

 ネットワンシステムズのグループ会社で、パートナー事業を手がけるネットワンパートナーズは2012年11月20日、オフィスやデータセンターを対象にした電力消費量の可視化ソリューションの販売を開始すると発表した。エネルギーを切り口にビジネス展開できるパートナー企業との協業を図り、省エネ型情報通信技術(ICT)インフラへの刷新やオフィスでの働き方の見直し、といった提案につなげていく。

ネットワールドは2013年4月17日、仮想化技術によりウィンドウズ アプリケーションソフトのウィンドウズ7/8への移行を支援するサービスを開始した。同社がライセンス販売している米VMwareのデスクトップ仮想化(VDI)製品スイート「VMware Horizon Suite」を購入したユーザー向けに提供する。

1