大阪府と和歌山県で鉄道・不動産事業を展開する南海電気鉄道は2015年末までに、仮想化技術を活用し、従来の物理サーバー70台を10台に集約する。2012年7月3日にシステム基盤を提供する富士通とヴイエムウェアが発表した。

南海電鉄、仮想化でサーバー70台を10台に集約|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る