出典 koakuma2011さんがアップロード

味がよく、食用にされ、ハワイや沖縄などでは珍重されている。アカマンボウは需要が低く、またその特異な体型から運搬、調理の際に一般的な規格(発泡スチロールやまな板の大きさなど)が通用しないため、専門に漁獲されることはないが、延縄などでマグロに混じって漁獲される。
身の色は淡く綺麗なオレンジ色で、かつ肉は繊維質の赤身であり、刺身や燻製などで食べられる。

ただし、その身はマグロの身のような色で食味も似ている為、日本でも2008年頃からはマグロの代用魚として切り身や、ネギトロの増量の為に配合にしラードや植物油と練り合わせるなどし寿司ネタなどに利用されるようになった。