1. まとめトップ

バニラエアの就航記念運賃は1000円! 成田〜札幌・那覇・台北・ソウル線

エアアジア・ジャパンからブランド変更したLCC(格安航空会社)のバニラ・エア(Vanilla Air)は、就航記念特別運賃全路線1,000円(燃油サーチャージなし、諸税・支払手数料別)で発売すると発表。販売期間は2013年11月1日午後3時〜3日まで。席数限定で13,000席程度。

更新日: 2013年11月09日

4 お気に入り 6476 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hounaviさん

バニラ・エアは、2013年11月1日午後3時〜3日まで、就航記念特別運賃を、全路線1,000円(燃油サーチャージなし、諸税・支払い手数料別)で発売すると発表しました。席数限定で、石井社長によると13,000席くらいとなります。

対象搭乗期間は、沖縄/那覇・台北/桃園線は2013年12月20日〜2014年3月29日、札幌/千歳線は2014年1月29日〜3月29日、ソウル/仁川線は2014年3月1日〜29日。(※ 沖縄/那覇線は12月29日、台北/桃園線は12月30日〜1月4日を除きます。)

※ 台北/桃園発・ソウル/仁川発の片道と往復航空券は当該国の認可の関係で現段階で発売を行わないと発表しています(=日本発の片道・往復のみの発売)

ついに予約が開始となったバニラエアの航空券。発売記念として特別運賃「わくわくバニラ」が登場です!
期間限定・席数限定でバニラエアの全路線を対象に片道1,000円でご予約いただけます。
「わくわくバニラ」は、荷物なし、予約変更・払い戻し不可の運賃ですが、とにかくおトクに旅したい!という方にはオススメ!

・わくわくバニラ運賃は座席に限りがあり、一部設定のない便がございます。
・国際線は旅客施設使用料が別途必要となります。
 (※ 11月1日現在、成田2540円、台北1010円、仁川2590円)
・燃油サーチャージはいただいておりません。
・支払い手数料(200円)が別途必要となります。
・予約センター・空港カウンターでのご予約には別途利用料が必要となります。
・運賃・運航スケジュールは政府ならびに関係諸機関の認可を前提としております。

航空券の発売開始後、アクセスが集中し繋がりづらくなる事態に

ANAホールディングス傘下の格安航空会社バニラ・エアは2日、航空券を販売する同社のインターネットサイトに1日正午から2日午前0時までの間に大量のアクセスが集中し、サーバーの処理容量を超えたため、一時サイトの閲覧や航空券の予約が難しくなったと発表した。

2013年11月1日12時のサイトオープン直後から繋がりにくい状態になり、セール開始の15時にはほぼつながらない状態だったようです。夕方ぐらいから予約に成功したとの報告がツイッターで見られ始め、翌朝にはサイトが重い状態はほぼ解消されたようです。

当初、台湾からのアクセスも多かったものの、台湾での許認可が未了だったため、台湾発の航空券販売ができないことから、台湾からのアクセスを遮断するといった事態にも陥っていたようです。

コールセンターでの電話予約もかなりつながりづらかったようですが、つながればネットよりはスムースに予約できたようです(手数料300円(1人1対応毎))。

ちなみに、セール価格(1000円)での売れ行きが鈍かったのは、平日(火~木)で、早朝の成田→沖縄、深夜の成田→台湾・早朝の台湾→成田、夕方の成田→ソウル・午前のソウル→成田など、ちょっと使い勝手の悪い便でした。これらの便は今後もセールになりやすいと思われます。

今回のセールでの航空券の購入価格は、国内線は1200円(支払手数料200円込)、国際線はこれに出発地の施設利用料(または空港税など。11月1日現在、成田2540円、台北1010円、仁川2590円)を加えた額が最低額になります(※燃油料金の加算はありません)。
加えて、座席手数料や預託手荷物料金をオプションで選択した場合には、その料金が必要になります(後日追加も可能です)。

予約は公式サイトまたは電話から

発売開始記者会見(2013.11.1) 動画

ANA SKY WEB TOURがバニラエアを利用した就航記念価格ツアーを発売

H.I.S.もバニラエアを利用した就航記念価格ツアーを発売

ビッグホリデーもバニラエアを利用したツアーを発売

バニラエアについて

報道など

LCCについて

1