1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

光る畳に光る服…生活に溶け込むLEDの進化がすごかった

次世代の照明器具として注目されるLED。が、そのLEDが照らすのは部屋だけではなかったようです。光る畳に光る靴紐、光る服などなど、進化の著しいLEDを使った斬新な商品についてまとめました。

更新日: 2013年11月02日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
590 お気に入り 226158 view
お気に入り追加

・次世代の照明器具として注目されるLED

従来の蛍光灯に比べ寿命が長く、省エネにもなるLED

LEDとはLight Emitting Diode、導電することによって発光する半導体素子である発光ダイオードの一般的な表記

寿命が長く(蛍光灯の4倍の4万時間)取り替えの手間がかからない。消費電力が白熱電球の10分の1で電気代が安く省エネかつ低発熱

2012年末には白熱電球の生産が中止されることもあって、家庭用照明として人気が高まっているLED

照明分野では、白熱電球や蛍光灯を消費電力の少ないLEDに代替しようという動きが広まってきている

・このLEDをつかったさまざまな光る製品が話題に

▼光る畳

仕組みとしては畳の下に発光ダイオード(LED)が埋め込まれており、一筋の光が浮かび上がる

光源を1辺から4辺に入れることができ、色もブラック、ブラウン、ホワイト、パープル、グリーンと豊富にあり、様々なアレンジが可能

なんともサイバーな光る畳

▼光る靴紐

光る靴紐、夜道での安全性が向上すると話題に。こちらはリステアのhike Starlight Shoe Lace

オッシュマンズ・ジャパンが2012年2月末に輸入販売を開始した、「ナイトビームス ファイバーオプティックシューレース」

アーティストPVなどでもたまに使われていますが、雨の日や暗い場所でのご使用が特におすすめ

オッシュマンズのナイトビームス(現在は品薄のようです)

ランナーやウォーキングの愛好者だけでなく、ファッションアイテムとして購入する人も多い

▼光る服

ファッション界の中で、LEDを組み込まれた服が登場している。それは「Lüme」

「Lüme」にはLEDが組み込まれていて、スマートフォンを通じて、ライトの色を自由にコントロールできる

服の色をスマートフォンを使って変化させることができる、着替えることなく1枚の衣服で印象を変えることができます

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。