この文章を読んだ後、ボランティアセンターで、直接僕とやり取りした責任者の方に文章内容をメールで転送。

秘書の後藤君に、電話で“文章の内容は事実か”聞いて貰った。

秘書「山本は本当にこの方が書いてあるような態度で、◯◯さんに接しましたでしょうか」と聞いた際に

ボラセン「いやー、そんなことは全くなく、普通の会話として対応して頂きました」と

秘書「怒鳴り散らしましたか?」

と再確認したところ


ボラセン「それは全くないですねー、普通の会話でした」
「これは酷いですね」と同情のお言葉まで戴いた。

ただでさえお忙しくされている中、煩わしい事に巻き込んでしまい大変申し訳なく心苦しい。

今もボランティアセンター(大島社会福祉協議会)に対して、このデマに関する問い合わせ電話などがある様だ。
「そのような事実は確認できません」と答える度に、現地でやらなければならない仕事に遅れが出る事を皆様にご理解戴きたい。

出典モンスターボランティア議員 in 伊豆大島!?|山本太郎オフィシャルブログ「山本 太郎の小中高生に読んでもらいたいコト」Powered by Ameba

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

参議院議員山本太郎氏の奇行をまとめてみた

参議院議員山本太郎氏が今まで行った奇行についてまとめてみました。

このまとめを見る