1. まとめトップ
  2. レシピ

柿の健康成分が凝縮!「干し柿」の効能と作り方

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほど“柿の効能”はなにかと凄いのです。干し柿にすれば効果がさらに期待できます。干し柿の作り方、干し方、効能をじっくりと見ていきましょう。

更新日: 2013年11月03日

mabosanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
231 お気に入り 312687 view
お気に入り追加

なんだか無性に食べたくなる「干し柿」

おはようございます。3連休初日です。母が作ってくれた干し柿を食べました。トロッとして甘みが凝縮していて美味しかったです!あっという間に完食しました。もっと食べたい〜 pic.twitter.com/72WgigqVfT

さっき通りかかった小学二年生くらいの 女の子二人組が 「干し柿食べたい」って話してて 最近の小学生は渋いな…と思った

美夜「干し柿をよく昔食べてました。中でも、おばあちゃんの干し柿は一番おいしかったです。・・・また食べたいなぁ」

▼干し柿の効果・効能

カリウムで「高血圧予防」や「むくみ予防効果」を、食物繊維で「整腸作用(便秘改善効果)」を期待できる。
さらに、二日酔い、風邪の軽減、疲労回復などの効果もある。
生柿は体を冷やすが、干し柿は胃腸を丈夫にして体を温めてくれる。

※柿に多く含まれるビタミンCは、干し柿にするとほとんど含まれません。

干し柿にすると、元々栄養価の高い柿がさらに栄養豊富になりますが、ビタミンCが減少して、代わりにビタミンAが多くなり、食物繊維、カロチンが増えます。

干し柿の効能として、一般的に高血圧、脳卒中などの予防、むくみ、腹水、二日酔い、発熱性疾患の軽減などが知られています。

カリウム、カロテン(カロチン)を豊富に含む干し柿。カリウムは血圧を下げ、カロテンは体内でビタミンAになり、目や粘膜、皮膚の健康を保ち、成長を促し、病気の回復や風邪の予防に役立つ。

干し柿は生柿よりビタミンCは少ないが、糖分が約4倍、カロテンは3倍になる。食物繊維をきわめて多く含み、特に不溶性の食物繊維が豊富。排便を促し、有害物質を体外に排出します。生柿は体を冷やしますが、干し柿は胃腸を丈夫にして内臓を温めます。

干し柿にすると、生柿の時より、糖分は4倍、ビタミンAは2倍近くになり、胃腸を丈夫にし、内臓を温め、疲労回復に効果がある。また表面につく白い粉(柿霜=しそう)は、粘膜をうるおし、せきを止め、たんを取り除く作用がある。慢性の気管支炎や肺結核の予防に有効。

▼干し柿は基本的に「渋柿」で作る

渋柿の方が甘柿よりも糖度が高く、タンニンの効果で腐りにくい点などから、干し柿は渋柿で作ることが一般的です。

一般的に、干し柿は、渋柿を干して作られる。実は渋柿の方が甘柿よりも甘いのだ。糖度計で計測すると、メロン14~18、ぶどう17に対し、渋柿は乾燥前でも糖度20以上を持つのである。

お茶などにも含まれるタンニンが水溶性の状態で多く含まれる渋柿は、そのままでは渋みが勝ってしまい、その甘みを十分に感じることができないと言うわけなのだ。

実は渋柿のほうが、甘柿よりも糖分が多い。その為、甘柿を干し柿にしても渋柿ほどには甘くならない。

▼干し柿(つるし柿)の作り方・干し方

1.渋柿の皮剥きをする
 ヘタとその周りだけを剥く
 頭頂から側面を包丁やピーラーで剥く
 茎や枝は紐でくくるときに必要になるので残しておきましょう。
2.カビ防止加工をする
 鍋でお湯を沸かす
 渋柿を5~10秒ぐらい熱湯にくぐらせる
3.渋柿を干す
 軒下の日当たり、風通しのよいところに干す。
 カビ防止に不安な方は、アルコール度数の高い焼酎を霧吹きなどで振りかけましょう。
 柿と柿がくっつくとその部分にカビが生えるので気をつける
 雨の日は室内に入れる
 気候によるのですが、揉んだ場合は目安として2~3週間程度で完成する
 揉まない場合は1ヵ月程度かな。

【皮むき】
柿のヘタとその周囲の皮をむく。
頭頂から下にむけて皮をむく。

【殺菌】
グラグラと沸騰した鍋に柿を5秒間入れて引き上げる。カビが生えにくくなります。

軒下の風通しのいい、雨に当たらない場所に干して下さい。日差しは少しなら大丈夫ですが、当たりすぎると黒く変色しますのでご注意ください。鳥にも注意して下さい。柿と柿が引っ付かないように干します。引っ付いているとその部分がカビの発生源となります。

カビの発生を防止するため薄いゴム手袋を装着して揉む。
柿を揉むと、渋が早く抜けて早く甘くなる、干し柿の内部が渋いのが無くなる、果糖が柿の表面に出てきて白い粉が出来易くなる、などの効果がある。

干し柿の表面を白い粉が覆うのは、乾燥させたことによって糖分がしみ出たからです。粉が多いほど、糖度が高いということになります。干すことでタンニン細胞が変化し渋味が押さえられ、糖分濃度が増すので、古くから甘味食品として重宝されたようです。

関連まとめ

1





明日は明後日の風が吹く。
見やすいまとめを作っています。
なんでもないような「まとめ」が珠玉だったと思う~
http://bit.ly/ryoyWz

このまとめに参加する