1. まとめトップ
  2. 雑学

伊勢海老とロブスター。なにが似ていて、どこがちがう?【徹底検証】

相次ぐホテルの食品偽装問題。“ロブスター”を“伊勢海老”と誤表記したなどとして問題となった名鉄グランドホテル。でもそんなに、伊勢海老とロブスターって似ているの?二つのエビの違いを、わかりやすくまとめてみました。

更新日: 2013年11月03日

111 お気に入り 434347 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

相次ぐホテルの食品偽装問題。
その中のひとつには、こんなものもありました。

“ロブスター”なのに“伊勢海老”と誤表記

名鉄グランドホテルは、ホテル内の洋食レストラン「アイリス」で、伊勢エビを使ったと表記した料理にロブスターを使用していたと発表した。

問題となった料理は「伊勢海老のテルミドール」。


※写真はイメージです

テルミドールとは、オマール海老や伊勢海老の身を半割にし、クリーム系のソースをかけ、チーズなどをふって焼き上げたもの。

でも、伊勢海老とロブスターって、そんなに似ているものなの?
二つのエビの、類似点と違いをまとめてみました。

伊勢海老とロブスター、値段のちがい

もちろん収穫量や輸入のための燃料費などで前後はしますが、
それでもロブスターが伊勢海老に対して圧倒的に安いのは事実。
誤表記……偽装も、したくなるってモンです。

伊勢海老とロブスター、見た目のちがい

う~ん、やっぱりおいしそうです。

ロブスターもロブスターで、おいしい食材であることには違いありませんが、
あれ?なんかちょっと違う…?

伊勢海老との違いは、やはりハサミの有無。
伊勢海老にハサミはありません。

これが決定的な違い!

海外の“ロブスター”を見てみましょう!

日本のロブスターは、すべて輸入モノ。

ロブスターというのは、英語で結構広い意味で使われます。
伊勢海老は棘が特徴ですからSpiny lobsterとよばれています。
大型の歩行型エビの総称となっているのですね。

英語表記だと、伊勢海老も、ロブスターになっていた!?
また、“Japanese spiny lobster”で、伊勢海老を指します。

伊勢海老とロブスター、学術的なちがい

イセエビ:エビ目(十脚目)イセエビ科に属するエビの1種。

ロブスター:狭義にはエビ目(十脚目)・ザリガニ下目・アカザエビ科(ネフロプス科)・ロブスター属

※日本語での“ロブスター”の話。
広義だと、先ほどのように伊勢海老も、ロブスターに入ってしまいます。

伊勢海老なのか、ロブスターなのか。
ではなく、
エビなのか、ザリガニなのか。

日本では小学校の自由研究のテーマのひとつでしかないザリガニですが、北欧などでは、高級食材のひとつとして食べられています。

伊勢海老とロブスター、味のちがい

ロブスターと伊勢エビ、両方とも食べなれていればその違いについて明解な答えを出せるだろう。

伊勢海老にくらべて、身がゴムのようにブリブリしている傾向が

ロブスターは少し、ポロポロ淡泊な気もするけど伊勢海老だと言われたらそれまでだね。ボイルにしてしまえばハッキリ言ってわからない。

加熱した上にさらにソースをたっぷりかけた「伊勢海老のテルミドール」だから、気づかれない確率も大幅アップしていた!

ダマされないためにも、“ロブスター”の味を知っておくことが大事なのかもしれません。

1





このまとめへのコメント2

  • mark.expoさん|2013.11.04

    要するにこのロブスターは業界で、「イセエビ」として通っていることもある、かなりイセエビに近い、ロブスターのようです。
    http://d.hatena.ne.jp/mark_temper/20131103/1383464615

  • tzn_nsさん|2013.11.03

    理解に必要な海と川のザリガニの違いやフランスの海のザリガニがアメリカだとメイン(州産の)ロブスターと呼ばれてる事とか書かれてない事が多すぎて、徹底検証には遠すぎる

1