1. まとめトップ

名刺作成の料金相場とオススメ用紙&名刺交換のビジネスマナー

ビジネスにおいて『 名刺 』は必須アイテム!初めてお会いする人とは必ずといって良いほど名刺交換を行います。名刺作成の料金相場・最低限おさえておきたい名刺交換マナーのまとめです!

更新日: 2014年06月07日

ks19801117さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 70687 view
お気に入り追加

○料金相場とオススメ用紙 《これから起業される方、総務の方向け》

名刺つくりたいけど、はじめて作る人はどうして良いか分からないですよね!!

★★★★★ 名刺作成の相場っていくら?? ★★★★★

■「100枚」での価格を記載します。

片面モノクロ:1,575円
両面モノクロ:2,625円
片面カラー :2,415円
カラー/モノクロ:3,675円
両面カラー:3,990円

送料:全国一律525円

※名刺デザインは自分で制作して入稿が必要です!

WEB制作やデザインでもしていない限り、会社のロゴや名刺のデザインなんて作れませんよね。。。

普通にデザイン外注すると安くても3~5万円、ロゴ作成を依頼すると別途10万円はします。

名刺の為に合計デザイン料15万円はちょっと・・・
という方も、名刺作成+デザイン料をセットで2,000円くらいから注文できるお店も最近はありますのでご安心ください。

○名刺デザイン+作成を、セットで安くしたい方はネット注文がオススメです!

■「100枚」での価格を記載します。

片面モノクロ:1,900円
両面モノクロ:2,400円
片面カラー :2,400円
カラー/モノクロ:3,000円
両面カラー:3,500円

送料:全国送料無料

※デザイン料も込みの価格

○名刺交換時に話題になる名刺の用紙

光や角度によって輝くさりげない上品なパールで、高級感のある用紙です。写真やカラーのベタ塗りでも、用紙の良さが光ります!!

パールのきらめきと光沢が生み出す圧倒的な高級感☆

半透明フィルムは破れない、水に濡れても大丈夫。耐水性・耐久性バツグン。折れ曲がっても白化せず元通りになります。

○定番の用紙

少しザラザラ感があり、手に取った時に普通の名刺と肌触りが違いインパクトがあります。

○ネットではなく店舗で注文する場合はキンコーズが王道!! デザインの相談も含めて訪問してみてください。

○オススメ名刺管理アプリ

名刺管理アプリEight(エイト)は、10万人以上のビジネスマンが利用する、写真を撮るだけで名刺を99.9%正確にデータ化できるサービスです。PCからも使えて、利用は全て【無料】です。

撮影した名刺はオペレーターの目で読み取り確認され、手入力で正確にデータ化されるため、自在に整理・検索できる状態になります。
Facebookとつなげて利用すると、Eightを使っているFacebookのお知り合いと名刺を交換でき、撮影する手間もかけずに名刺を管理することができます。
法人向けにも名刺管理サービスを提供しており、1,500社を超える企業がSansanの名刺管理サービスを利用しています。

○名刺交換で気を付ける事10選

もし名刺を切らしていて渡せなかった時は、後日必ず郵送で送ろう!
名刺を忘れたり、切らしているのは、マナー以前の問題です。鞄やデスク、スーツのポケットには、常に予備の名刺を入れておきましょうね。

学生さんも名刺を持っているだけで、社会人との出会いが増えますよ!
FACEBOOKのアドレスを載せてみてはいかがでしょうか?

1・名刺をテーブル越しに渡してはいけない

2・名刺を受け取る時、相手の会社のロゴや名前に自分の指がかからないように注意する

3・同時に名刺を出してしまった場合、目上の相手より先に名刺を受け取らない。相手が受けた取った後に、両手で受け取る

4・相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出す

5・頂いた名刺に、相手の目の前でメモを書いていけない。書くなら会社へ戻った後でメモをする。

6・上司と一緒に名刺交換する際は、上司の後に名刺を出す事。クライアントとやり取りしてたのが、例えあなただっとしても。

7・受け取った名刺は、打ち合わせ中は机の上に、打ち合わせが終わったら必ず名刺入れに大事に入れる。

8・複数人と名刺交換した場合、座っている順に名刺を並べる。打ち合わせ中に名前が分からなくなっても大丈夫!

1 2