1. まとめトップ

グンマー(群馬県)の県庁舎の高さが全国1位の件について

未開の地グンマー    だがその土地を統治する群馬県庁舎は驚くべきことに県庁としては全国一位の高さを持つ超高層ビルだった

更新日: 2015年06月15日

koronkoron2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 29228 view
お気に入り追加

ご存じ日本の秘境グンマー

筆者としては下の画像のようなグンマー県庁を想像していた

だが本当のグンマー県庁舎は全国1位の高さの超高層ビルなのだ

現在の県庁舎は1999年6月に竣工した超高層ビルで、耐震性や環境への調和に配慮した建物である。設計は佐藤総合計画。

33階建てで高さは153メートル。県庁舎としては日本一高い(都道府県庁舎としては東京都庁舎に次ぐ)。

31階にはレストランが入居する。32階には無料の展望台がある。

ちなみに153メートルの高さは霞が関ビルや、東京スカイツリーのイーストタワーとほぼ同じ高さ

展望台からはグンマー最大の都市マエバシを一望できる

出典yaplog.jp

周りに高層ビルがほとんどないため眺めはとてもいいようです

なぜグンマーがこのような全国の主要都市にも負けない県庁舎をつくったのか(というかつくれたのか)極めて謎である

恐らく古代グンマー帝国時代のロストテクノロジーを応用しつくられた、隣国栃木との戦争に備えた要塞なのだろう

グンマーは人生で一度は訪れたい場所だ  もちろん帰れる保証はなく人生で最後の旅路となるかもしれないが

1





このまとめへのコメント1

  • sexyno1さん|2013.12.08

    グンマーを東西に走る国道50号も無駄に豪華。高速道路並み。
    すべてのクルマが時速90キロメートルで走っていて怖かった。
    一般道なので自転車のおっさんが逆走してくる。衝突しそうになっておれの人生オワタとおもった。

1

koronkoron2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう