1. まとめトップ

秋の花粉症にご用心!!

猛夏が終わり、秋本番を迎えたと思ったら、くしゃみと鼻水が止まらない...そんな症状が出たら秋の花粉症かもしれません。

更新日: 2013年11月03日

waichaaaanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 5315 view
お気に入り追加

秋の花粉が飛散中

秋本番を迎えたと思ったら、くしゃみと鼻水が止まらない……そんな症状が出たら秋の花粉症かもしれない。原因となるブタクサやヨモギなどは花粉の飛散距離が短いが「秋の花粉症は、重症化することもあります」

夏から秋にかけて花粉の飛散シーズンを迎える植物にはキク科のブタクサやヨモギなどがあり、全体の15%の人がこの季節に目や鼻の症状を訴えています。

花粉症になる可能性も

「花粉症の要因となる雑草は地面に繁殖しており、踏まれることが多い。踏まれて花粉が粉砕され、細かくなる。細かくなった花粉は肺まで入り込みやすくなり、ぜんそくの症状を引き起こすこともあります」

秋の花粉症の原因のひとつ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入ってぜんそくのような症状を引き起こすケースもあります。

花粉症の症状

花粉症のくしゃみは回数が多く、特に連続して起こるのが特徴です。多ければ10回以上も連続でくしゃみが続くことも少なくありません。

花粉症の鼻水は、無色透明の水性でサラサラしています。顔が地面に対して垂直であると鼻の穴から口まで、簡単に流れてしまうことも少なくありません。

花粉症の鼻づまりは両穴詰まることも多く、鼻で息することができなくなることも少なくありません。鼻をかんでもすぐにまた鼻がつまるという繰り返しになります

付着した花粉を落とすため涙が出たり、ひどいかゆみがでます。かゆみ自体もひどいものですが、むしろ目をこすることから結膜や角膜を傷つけてしまうことに症状が悪化するケースがある

防衛策は?

一定量(個人差有)以上体内に吸収されると、アレルギー症状を引き起こしますから、掃除するときのマスクと秋花粉を発する植物を触るときの手袋等は必須

マスクは吸い込む花粉の量を減らし鼻の症状を少なくさせる効果が期待されます。

1





waichaaaanさん

Apple/テクノロジー系/面白い物など、ジャンルを問わずまとめていこうと思います。

このまとめに参加する