<1996年10月~1997年1月>

9月につくった「借金20万円」。
毎月4万円ずつ返していくと、4万円×5ヶ月=20万円。
「完済」するのである。

「なんだ、簡単じゃん」

しかし、実際は簡単ではなかった。
10月は、がんばって「4万円」を返済した。
11月は毎月返済額「1万5000円」。
12月も毎月返済額「1万5000円」。

20万円-4万円-1.5万円-1.5万円=13万円。

う~ん、順調だ。しかし、これには続きがある。

13万円+3万円+3万円+1万円=20万円

返済した分(7万円)を、12月にお金に困って借りてしまったのだ。
結局、12月になった時点でスタートに戻ってしまっていた。

「ま~、大丈夫でしょ。12月・1月は大学も冬休みだし、バイトの時間を増や
 そう!!」

本当に12月・1月は働いた。
パチンコ屋にクリスマスも正月も無い。逆に「稼ぎ時」なのである。

12月:200時間(バイト時間)
 1月:150時間(バイト時間)

(200時間+150時間)×1,000円(時給)=35万円(バイト代)

「35万円」は学生としてはかなりの額だ。
にもかかわらず、お金は無かった。
借金も返済できていなかった。

「パチンコ屋」で働いた金を「別のパチンコ屋」に捨てていた・・・。


でも、この時期は楽しかった。
大学の友達とコンパしたりスノーボードに行ったり。

「借金」とは上手く付き合えると思っていた。

しかし、1997年は「人生で最悪の1年」になっていく・・・。


<1997年1月現在>
 ・借入先:1件(武富士)
 ・借入金:20万円(全く減っていない)
 ・毎月の支払い:15,000円

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

借金は身を滅ぼす、ギャンブル中毒者の借金人生★書籍化済★

名前:松下一樹(仮名) 生年:1976年生まれ  地元:広島 経歴:中学・高校と学業の成績は常に上位。部活はバスケット。大学は仙台の国立大学。。

このまとめを見る