<1998年5月>

「借り換え」は大変有効な手段だと思う。
金利の高い消費者金融から、金利の安い銀行系へ借り換えることによって、生活
の安定が図られるなら、是非やるべきだ。

でも、私は「借り換え」によって借金が増えていった・・・。

お金が無い。
いつものことだ。
もはや借金をすることに負い目を感じない。

「DCカード」と「JCB」、併せて毎月10万円の支払いが最大の問題だった。

「DCカードとJCBを全部返済したい」
 ↓ ↓ ↓
「毎月の支払いが少ない金融会社から借金をしよう」

そんな賢い(?)選択から私が選んだのは「オリックス倶楽部」。
ここは、50万円までの借り入れだと支払いが1万円ですむ。

「うまく借りられれば、毎月の返済が15万円から6万円くらいになるな」

インターネットで申し込むとすぐに電話がかかってきた。

オリ:「ありがとうございます。今回のご利用目的はなんですか?」
私 :「借金の一本化です」
オリ:「今、借金はおいくらありますか?」
私 :「100万円くらいです」
オリ:「それでは、借り入れ先と金額を教えてください」
私 :「武富士が30万円、アコムが20万円、アイフルが30万円、あと、DC
    カードとJCBからも借りてます」
オリ:「そうですか。ちょっとお待ちください」

(待つこと数分)

オリ:「え~とですね、今のままだとちょっと難しいですね」
私 :「どうすればいいですか?」
オリ:「どこか金額の少ないところを返済して、借入の件数を減らしませんか?」
私 :「それができたらとっくの昔にやっています」
オリ:「う~ん・・・・」
私 :「オリックスさんから借りたお金は全部返済に回して、一本化したいんです
    よ!本当にお願いします!!」
オリ:「ちょっとお待ちください」

(またまた数分待つ」

オリ:「では、30万円お貸ししますので、武富士さんを完済してもらえますか?」
私 :「わかりました。すぐ完済してきます」
オリ:「では、完済しましたら、『完済証明書』を弊社まで送ってください」
私 :「すぐ送ります」

そして、「オリックス」から30万円が振り込まれた。
そのお金で「武富士」を完済する。
でも、結局30万円全部を返済に使ったので、ほとんど手元には残らなかった。

しかし、私の知らないところで大きな変化が起きていたのだ。

それはJDBなどの信用情報機関に新しく記された情報。

 『松下一樹 「武富士」完済』というデータ。

これが私の評価をガラリと変えてしまったのだった・・・。


<1998年5月現在>
 ・借入先:5件(DCカード、アイフル、アコム、JCB、オリックス)
 ・借入金:100万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:151,000円

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

借金は身を滅ぼす、ギャンブル中毒者の借金人生★書籍化済★

名前:松下一樹(仮名) 生年:1976年生まれ  地元:広島 経歴:中学・高校と学業の成績は常に上位。部活はバスケット。大学は仙台の国立大学。。

このまとめを見る