<1998年7月>

現在、大学3年生の私。
入学してからずっと続けているパチンコ屋のバイトも既に3年目を迎えていた。
バイト先では正社員を使わない方針のため、あれよあれよとバイトの中で一番の
古株になっていた。

大学生になったらどうしてもやろうと思っていたこと・・・。
それは「塾の講師」。

でも、生活の為にパチンコ屋のバイトを辞めることはできない。
そこで、1週間に2・3日の出勤でいい塾を探してバイトを始めた。

塾の先生の仕事は本当におもしろかった。
子供たちとは勉強以外の話もしたし、本を貸してあげたりもした。
塾には、他の大学から来るバイトもいたし、バイト終わりで飲みに行くことも
あった。

ただ、大きな問題があった。
バイト代が安いということ。
時給は「1,800円」と高いのだが、1日で働ける時間が長くて3時間。
ローテーションの問題で、短い時は1時間しかないときもあった。

塾のバイトに行くと、当然パチンコ屋のバイトは減る。
結果的に、バイトの収入が7万円くらいになってしまった。
(今までは、10万円前後はあったのに)

前月までは、パチンコ屋のバイト代で毎月の借金の返済が全部できていたのだが、
今はどうしても「JCB」か「DCカード」のキャッシング分(各5万円)が足り
ない・・・。

延滞だけはしないように、なんとかしないと・・・。

でも、「JCB」の返済が滞り始める・・・。

最初はすごくドキドキした。
実家の親に電話がいくんじゃないかと。
「あなたのご子息が借りたお金を返さないんですが」
「代わりにお金を返してもらえませんか?」

でも、実際、親に電話がいくということはなかった。
10日くらいすると「JCB」から手紙がくる。
『返済日が過ぎています。ここに振り込んでください』という内容。

「なんだ。返済がちょっと遅れても大丈夫じゃん!!」

この考えが後にとんでもないことを引き起こした・・・。

※ちなみに、先月限度枠が50万円になった「アイフル」からしっかり10万円を
 借りています(原因はいつものとおりパチスロです)
 借入額は限度いっぱいの50万円になりました。


<1998年6月現在>
 ・借入先:5件(DCカード、アイフル、アコム、JCB、オリックス)
 ・借入金:120万円(ローン含む)
 ・毎月の支払い:159,000円

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

借金は身を滅ぼす、ギャンブル中毒者の借金人生★書籍化済★

名前:松下一樹(仮名) 生年:1976年生まれ  地元:広島 経歴:中学・高校と学業の成績は常に上位。部活はバスケット。大学は仙台の国立大学。。

このまとめを見る