社会学者・土井隆義氏は、「優しい」人間関係をこのように定義しています。

・他人と積極的にかかわることでお互いを傷つけあうことを避ける
・「異様」と思われるほどの高度に配慮し、お互いの反感が表に出ないようにする

ゆえに、現在の中学・高校では「お互いの意見衝突」を避けるため、慎重に人間関係を営んでいます。そして、「優しい」人間関係で結びついた人間同士の絆はその場の「空気」によって上下・友人関係が簡単に崩れてしまうほどの非常に脆いものです。

                       ◇

「優しい」人間関係は非常に「繊細」で「脆い」ものであるから、「薄氷を履む」ような慎重さで相手の出方を探りながら自分の出方を決めなければなりません。そのため、現在の中学・高校生には常に「強いストレス」がかかっています。

ある中学生は「優しい」人間関係を次のような川柳で表しました。
「教室は たとえて言えば 地雷原」

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

友達地獄-ドロドロした人間関係を生き抜くには

オフィス・宮島です。スクールカーストに関連した内容で、今の中学・高校で繰り広げられる人間関係の駆け引きと、山本七平氏が「絶対権を持った妖怪」と指摘した「空気」との関係から中学・高校での人間関係についてまとめました。

このまとめを見る