1. まとめトップ
  2. ガールズ

腸も冷える・・・?今日から「腸もみ」で健康な身体に

自分はちょっと冷え性かな・・・と思っていても、あまり気にしないことが多い身体の冷え。でも、冷えは万病の元。手足だけじゃなく、腸も冷えると言います。腸内環境が良いと、長生きもしやすいそうです。簡単でどこでも出来る「腸もみ」を毎日の生活に取り入れましょう。まとめました。

更新日: 2015年11月26日

蒼雲さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2348 お気に入り 312091 view
お気に入り追加

「腸もみ」ってすごい・・・!

昨日のはなまるでやってた腸もみ様のおかげで久々の快腸だったのではなまるは神

注意したい。腸の冷え。

「腸」は、「第二の脳」と言われています。
腸内環境が悪いと、健康だけじゃなく、美容にも大きな影響が出て来てしまいます。

ためしにおへその周りや下腹部を指でギュッと押してみて。やわらかい脂肪の奥に、しこりのように硬い部分があることに気づきませんか?この硬くなっている部分は「硬結(こうけつ)」と呼ばれ、その最大の原因は冷え。

体の表面は温かくてもお腹の中が冷えている人は少なくありません。「冷え」を放置すると免疫力を低下させます。慢性的な疲労感、肩こりや腰痛、便秘などは軽い「冷え」の自覚症状の場合があります。

腸が健康でないと、病気になりやすくなったり、老化が進みやすくなったりするといいます。

腸を冷やすと痩せにくい上に、下半身も冷えてしまう。

腸が冷えてしまうと、免疫機能が低下、瘦せにくくなり、肌トラブルにも繋がります。また、風邪をひきやすい状態にもなってしまいます。

腸も冷えるんです。しかも、腸が冷えると子宮や下半身が冷え、免疫機能も落ちることに。

腸が正しく機能しないと、腸内で発酵した有害物質が排出されず血液やリンパ内に滞り、肥満を引き起こす原因になる

腸が冷えて動きが低下すると、代謝が悪くなり、痩せにくい体に。肌トラブルも起こりやすくなり、いいことはありません!

そんな時に効果的なのが「腸もみ」。

腸を揉んで刺激することで腸内の血行を促進し、スリムアップや便秘、むくみの改善に良いとされています。

腸をもむことで腸がきれいになると免疫力が高まり、血液がきれいになり様々な問題を改善することに通じます。

腸もみによって腸璧の汚れを落とすことで、腸が活発に動くようになり、エネルギーの消費量が上がります。

「腸もみ」のやり方。

~①まずはリラックスして、腸を意識し、なでてみましょう~

深呼吸をしてリラックスをした状態で行います。立った状態で、手を重ねておへその上あたりに置き、右から左、左から右と、腸を意識しながら手を滑らせる

~②腸を押して、活性化させましょう~

腸もみのやり方は、お腹の硬い部分を見つけて指で押すだけ。お腹の力を抜き、息を吐きながら押します。

指を開きウエストの両脇にあててもみほぐす。やや強めに動かしながら、上下に少しずつ手を移動させる。10回繰り返す。

両手を重ねて、おへそ回りをぎゅ、ぎゅ、と時計回りに押していきます。腸を揉むことで腸壁の汚れも落とすことができる

おへそを中心に指3本分の半径の円周上にある6点。おへその真上を始点に時計回りにもむ。かたくなっている場所を重点的に!

~③入浴中や寝ながらなど、好きな場所でOK!~

腸もみに必要な時間はわずか数分。自宅でも手軽に始めることが出来ます。もちろん使うのは自分の手だけなので、お金もかかりません。

1 2





蒼雲さん



  • 話題の動画をまとめよう