1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

・玉ネギ

スライスして生のままで食べるのが良いでしょう。調理したときに出るアリシンの量が少なくて済みます。

一方で、玉ネギには、炎症性の物質であるクエルセチンとフラボノイドが含まれていますが、料理することでフラボノイドが増加するという点も見逃せません。白い玉ねぎより、黄色味や赤みを帯びたものの方がフラボノイドを多く含んでいます。ソテーにしたり、5分ほど焼いてみましょう。それ以上長時間火にさらすと栄養価が落ちます。


・ブロッコリー

生でいただきましょう。火を通すと、肝臓から発がん性物質を取り除いてくれるミロシンが破壊されます。

ブロッコリーやほかのアブラナ科の野菜(キャベツ、カリフラワー、ケール、ブリュッセルなど)は、生のままでも調理しても食べられます。生のブロッコリーは、がんや胃潰瘍を防いでくれるスルホ基に分解されるミロシンを多く含んでいます。調理するとミロシンは破壊されますが、アブラナ科のインドール化合物が生成されます。これは、前がん症状が悪化する前に発がん性物質と戦うフイトンです。

食事は30分以上かけて食べましょう(健康に良い食べ方)

 私たちは、食べ物をいつまでも食べつづけることはできません。おなかがいっぱいになったと「感じて」しまうからです。
 おなかがいっぱい感は、「満腹ホルモン」分泌→「満腹中枢」刺激により、「おなかいっぱい」と感じるからです。 これは私たちの健康にとって、非常に重要なことです。
この正常な作用がなかったら、カロリーの過剰摂取で、内臓脂肪が溜まってしまいます。
一方、満腹ホルモンが正常、かつ効率よく分泌されれば、おいしく健康食となるのです。
 では、この満腹ホルモンの分泌の鍵は「脂肪細胞」が握っているのです。
 ただ、アディポネクチンと違い、満腹ホルモンは脂肪細胞に脂肪が溜まりはじめたのを合図に分泌されます。この、溜まり「はじめた」というのが重要です。
 もし脂肪細胞に脂肪がぎっしり溜まっていると、少しくらい脂肪が溜まっても、脂肪細胞はそのことに気づかず、満腹ホルモンは分泌されません。
 脂肪細胞に余裕がないといけないのです。
 そのため、太っている人は脂肪細胞に脂肪がぎっしり溜まっていて、いつまでも満腹感を得ることができ

モロヘイヤの効能と食べ方
モロヘイヤの効能として注目されているのが、ガン予防、動脈硬化予防、貧血、便秘などですが、古代エジプトの伝説に、どんな薬を飲んでも治らなかった王様の難病がモロヘイヤのスープで治ったという話があります。モロヘイヤは「葉緑素」と「食物繊維」を多く含んだ緑黄色野菜で、葉緑素は「スカベンジャー効果」と呼ばれる体内の有害な物を排出する効果を持っています。つまり、高いデトックス効果があります。 その食べ方はいたって普通でよく、炒めもの、スープ、グラタン、天ぷら、ジュースなどたいていの方法はOKだと思います。モロヘイヤを保存する時は、さっと手早くゆでた後、よく水切りをしてラップなどに一回分ずつ小分けして冷凍すると良いです。冷凍する前に刻んでおけば、後で調理の手間が省けて便利です。最近では、調理することによって色々な栄養分が失われてしまうのを防ぐためと、最も注意すべき点として、茎や実に毒性があり、特に茎はうっかり混入すると大変なことになり、安全のことを考えると、下に示すような無農薬・無添加のものが一番というところです。

1