1. まとめトップ

初対面で悪い印象を持たれてしまう人の特徴とは!?

初対面の時の印象は、後々まで尾を引くほど重要なもの。そんな初対面を悪くしないために気をつけたいポイントをまとめました。

更新日: 2013年11月05日

40 お気に入り 4339 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rugbycheckさん

目つきが悪い

目は第一印象を作るパーツでもっとも重要なもの。
目つきが悪かったり細かったりすると怖い人や不機嫌といった印象を持たれてしまいます。
アイプチやプチ整形などで治すのも手です。

http://www.0120669980.com/menu/eyes01.html

「目つき」ですが、ご自分の第一印象をコントロールする上で一番注意が必要な内容になります。

目の細い女性はどうしても第一印象を悪く見られがちです。そこで、アイプチや化粧で目をぱっちりにします。また成人女性の中には目そのものを変えてしまい、より魅力的な自分を演出するためには二重整形をしている人もいます。

清潔感がない

小汚い格好や臭いはかなりの悪い印象を与えます。
例え美男美女でも、清潔感がないと非常に印象は悪いです。

http://ren-ai.jp/12139

第一印象である初対面での見た目は、非常に重要になってくるのです。先ず清潔感があり、凛々しい印象を与えるのが、最も良いと思われます。

第一印象を悪くしないために大切なのが頭髪や服装などの身だしなみを整えることです。清潔感のない人は、第一印象が悪いです。

話し方が暗い

話し方が暗かったり声が小さかったりすると、相手に悪印象を与えがち。
話すのが苦手でも、挨拶をしたり大きな声に気をつけるだけでもかなり印象が違います。

挨拶のとき、極端に声が小さかったり相手の目を見ないと、おどおどした暗い人だと思われる。たとえ人見知りでも、挨拶さえうまくできれば第一関門は突破。

声は、人間の顔の次に第一印象を左右するものです。まずはじめに顔を見て、声を聞くと思います。顔だけ見て声を聞かない機会はあまり少ないのではないでしょうか?こうした理由から声はその人の印象を大きく左右する大切なものになります。

空気を読めない

空気の読めない行動や発言は、印象に残ってしまいますし、話題にも登りがち。
大人らしい振る舞いや発言に注意しましょう。

その場の空気が読めないことは、大人として今、致命傷。営業マンの成績も、この空気を読めるかどうかにかかってる。そんな具合だから、第一印象でもまさにそこが見られている時代。

その場の空気が悪くなってしまうような言動をとってしまうと、日本では直ちに「空気が読めないやつ」だといわれて、嫌われてしまいがちです。

1