1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Appleはどう変わっていく?Apple、2013年度に15件の戦略的買収を完了!

2013年度の会計発表にて15件の買収の完了したと発表しました。その中で公開された8件の会社についてまとめました。過去の買収は新iphoneの主力サービスとなっています。今回の買収も今後のApplle製品に多大な影響を与えるだろう。

更新日: 2013年11月12日

174 お気に入り 51065 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

abc.kazuさん

2013年の会計報告にて15件の企業買収の完了を発表!!

今やお馴染みのSiriもM&Aで企業買収して付けられた機能でしたね。

1.WiFiSlam 2.Locationary 3.Hopstop.com 4.Passif Semiconductor 5.Matcha 6.Embark 7.AlgoTrim 8.Cue の8社と未発表の7社

次世代iphoneがどう進化するのか楽しみですね!!

新CEOのTimCookってどんな人??今後appleをどう導くのか!?

ジョブズの優れた商品作りを支え、効果的な展開や在庫を確保し発表から発売までをスムーズにコミットしてきた。

ジョブズの革命をいつも陰で支えていたのはティム・クック

再復活を遂げた時から良いパートナー関係だったんですね。

MacBook Airが8万円で買えるのもティム・クックのおかげです

ティム・クックが惜しみなく部品メーカーに資材を投入してきた戦略のおかげです。

誰よりも早く出社し、誰よりも遅く帰る。

優しさと勤勉さでアップルを真に栄えさせた男

Appleの過去の大型買収をご存じですか???

2012年7月 Authen tec を買収。
(指紋認証セキュリティ開発会社)
約一年後発売されたiphone5sで指紋認証の機能が搭載される。

買収価格は日本円で約350億円。

iphone5sの指紋認証の性能を考えると350億円は安い。

企業買収後のiphoneの進化

次世代iphoneには便利な乗換検索の機能がつくかも

Appleは今年から独自のMapを強化する模様!

今回の買収でApple独自のMapを強化!!

期待できます!!

以下、発表されている2013年Appleが買収した会社について。

屋内での位置情報取得に役立つ「WiFiSlam」

サービス概要:屋内の位置情報取得システム開発
買収額 約18億8000万円

インドアマップ作成ツール「QuickMap」やインドア位置情報記録ツール「Footprint」インドアでの位置提供やマップ作製のアプリを作っていた。(現在は公開が停止されている)

Appleは今後地図の強化を狙う模様。

iOSで人気の交通案内アプリ「Embark」

サービス概要 乗り換えアプリの開発 販売
買収額 未公表

ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドンなど、地域に特化した「乗り換えアプリ」性能もとても好評化。

iOSで人気の乗り換え検索のアプリを買収! Appleのmapに搭載されるのか!!

Appleは一度、独自の地図を作ろうとして大失敗をしているので頑張って欲しいですね!

企業情報と位置データの整理統合 「Locationary」

サービス概要 位置データの整理統合
買収額 未発表

Locationaryはカナダ拠点のスタートアップ企業

1 2





このまとめへのコメント2

1