1. まとめトップ

限りなく「元を取る」ことへ近づくコツ

当日の朝~入店までに

必ずトイレに行っておく。
時間制の場合は食べる時間を有効に使うため、
店内でトイレに行くことは時間の無駄となります。
制限なしの場合はこの限りではありません。

ランチ、ディナーとも入店20分前にブラックコーヒー1杯か
梅酒を100mlほど飲む。
これを飲むことで胃酸の分泌を促し食事中に
胃がどんどん消化してくれます。

ディナーバイキングの場合
昼食は早めにとり(12:00までには終了したほうが良い)
(できれば食べたものが完全に消化される入店6時間以上前が良い)
量はいつもより少し多めにして胃を膨らませておく。

入店~いざ勝負!!

料理は少量ずつ取り、食べ終わってから取りに行く。
一度に料理を大量に取るとその量の見た目に
圧倒されてしまい食べる気が失せてきます。

できれば取り皿はこまめに回収してもらう。
取ってきた皿をそのままテーブルに重ねて大量に
置いておくと「こんなに食べた?」と言う気持ちで
食べる気が失せてきます。

あまり食べ過ぎた状態でデザートを食べようとしても
美味しく感じられないので「もう少し食べられるぞ!」
と言う状態でとりあえずデザートに進みます。

パイナップルは消化を助けるのでこれはおススメ、
基本的に生のフルーツがおススメです。
口の中が爽やかになったところでケーキなどを
食べましょう。

原価から、どれだけ食べれば元が取れるか割り出そう!

焼き肉食べ放題《2000円》の場合

2000円の食べ放題コースでは、一人の原価は約700円前後で計算しています。
肉はそれほど安くありませんが、ほとんどの人はライスやデザートも注文してくれる。
ライスなんて大盛りでも原価は30円ですから、これでお腹を満たしてもらえれば平均700円前後になりますね
(大手焼き肉チェーン店員 談)

焼き肉店は客が自ら肉を焼くので人件費が安く抑えられる。
そのため、一般的な飲食店の原価率が30%前後なのに対し、原価率40%まで許容でき、食べ放題が可能になるのだ。

肉は古くなってもタレに漬け込めばごまかせますが、野菜は傷みが早くてロスが出るので原価率が高くなります。
だから焼き肉食べ放題の店は野菜を食べられると嫌がりますよ。

結論

焼き肉店では原価が予想以上に低いため、元を取ることは難しそうだ。
しかし、
【1】ご飯は食べない
【2】デザートを食べる暇があれば肉を食べる
【3】カルビや野菜(特にシイタケ)を集中攻撃

この鉄則を守り、お腹ぺこぺこの状態で店に出向けば
元が取れる日もそう遠くないかもしれない。

ケーキバイキング《1400円》の場合

ケーキの原価率はせいぜい1コ20%程度。
フルーツが載っているものは多少原価が高めですね。

薄い色から濃い色という順番で食べたほうがいいですよ。
チョコなどの濃い色のケーキは味が濃くて、最初に食べるとお腹がいっぱいになりますから(笑)。

結論

ケーキバイキングで元を取ろうと思ったら、1コ60円なので
単純計算して24コ食べてやっと元が取れるということ!!

そんなに食べたら美味しいを通り越して気持ち悪くなってしまい元も子もないような…

やはり、同じものを食べ続けるスイーツ系のバイキングは元を取るのが難しそうである。

1





デカルテさん

デカルテです(/・ω・)/
旬な情報や面白ネタなど、最新のホットな話題をご紹介していきます★
美容を気にする女子からアニメにハマっている中年男性まで誰でも楽しめるまとめ記事を作成できるよう頑張ります♪

このまとめに参加する