1970年代より前に生まれていた方ならご存知の方も多いのではないだろうか?
当時、コンビニエンスストアなどというものは存在しておらず、車でドライブや旅行などに出掛けた際には国道沿いにある、ドライブインやオートレストランを利用するのがメインであった。

ご存知、ドライブインとは有人の店舗でお土産・食事・トイレ・シャワーなどを提供する大型店舗である。
現在ではそれらの役割は道の駅やコンビニエンスストアに取って替わられ、また不況や建物の老朽化、経営者の高齢化など様々な要素により営業を存続していくことを諦める場合が多い。

オートレストランは、ドライブインの無人版と説明するのが一番手っ取り早いだろう。
営業は1970年代頃から既に24時間、無人のためほぼ全てのサービスは自動販売機により行われる。
大きな駐車場にきらびやかなネオン。ズラリとならび煌々と光を放つ自動販売機の列。

当時を知る人間は、その光景を懐かしく、そして愛しく感じるのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【元祖B級】懐かしの自販機グルメ!オートレストランはいま【24時間営業】

オートスナック・オートレストランについてまとめます。ドライブイン・自動販売機・自販機・ハンバーガー・うどん・そば・おにぎり・ラーメン・カレー・スパゲティ・お弁当・アイスクリーム・ロードサイド・国道・ネオン・ゲームコーナー・ゲームセンター・コイン・昭和・懐かしい・看板・昭和・レトロ・70年代・80年代

このまとめを見る