出典 ja.wikipedia.org

“血の伯爵夫人”エリザベート・バートリ

16~17世紀ハンガリー王国の貴族。ハンガリー式の名は「バートリ・エルジェーベト」。

 物凄い性癖異常者。
 元々残虐趣味の気があったようだが、処女の生き血に美肌効果があると信じ込んで以降、若い娘を殺しまくって鮮血風呂に入っていたことで有名。

 快楽殺人のサディスト。自分の城でありとあらゆる残虐行為を行い、犠牲者は数百人と言われている。

 このとてつもない罪は当然ながら明るみに出て、裁判にかけられた。貴族だったため処刑は免れたが、城に幽閉され、三年後死亡。

この情報が含まれているまとめはこちら

【キタユメ】ハロウィン2013本編漫画の怪談の詳細まとめ【ウク・リヒ・蘭・洪・アイス】

ウクライナ・リヒテンシュタイン・オランダ・アイスランド特定。ハンガリー(多分)特定。ブルガリアオタク事情ネタ補足。

このまとめを見る