1. まとめトップ

【本当は怖い稲荷神社】一生拝まないと祟る?たたりの噂とお稲荷様の真実

稲荷神社は、一度拝んだら一生拝まないと祟るなどの噂があります。その理由は、実は日本古来の神様と一緒に、密教の荼枳尼天と呼ばれる、死者の心臓を喰らう「夜叉」が祀られているからとか。家の敷地内にお稲荷様があり、移転する場合はどうするのか?なども。

更新日: 2016年12月31日

lisalisajojoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
144 お気に入り 714366 view
お気に入り追加

普通に知られている「稲荷神社」は、総本社は伏見稲荷大社とされ。元々は京都一帯の豪族・秦氏の氏神。朱い鳥居と、神使の白い狐がシンボル。商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集めています。しかし・・・

■「祟り」(たたり)、ご利益、不思議体験の噂がたくさん!

新歌舞伎座ビル建築中に起きた歌舞伎名優5人死亡はお稲荷さんの祟り!?

「建て替え工事が始まったのは、10年10月。この2年余りの間に中村富十郎、中村芝翫、中村雀右衛門と3人の人間国宝が亡くなり、昨年12月には“千両役者”の中村勘三郎が急逝。そして今度の市川団十郎の死です。ほかにも海老蔵が暴行を受け、染五郎が舞台の奈落に落ちるなど、ロクなことがありません」(梨園関係者)

てなわけで「新しい歌舞伎座は、かつて劇場脇にまつっていた『歌舞伎稲荷』の上に地上29階のタワービルが建つ。本来、お社は建物の最上階におまつりすべき。ビルが邪魔でお社に降りられず、お稲荷さまが怒っているのでは」といったオカルトめいた“解説”がネット上にあふれている。

■敷地内のお稲荷さんの移転や撤去で悩んでいる人も多数

元々農家だった祖父(以前)の代から、自宅の敷地内に『お稲荷』さんがあります。(中略)しかし、このお稲荷さん、父が白血病で他界する数年前に、父が移動と少々の手直しをした途端に 具合が悪くなり、そのまま他界したため、母は祟りがあったと言っています。 また、親戚からも、お稲荷さんに触るなときつく言われています。

人気のない八幡様のお社の裏山を丸々削って開拓した住宅地に住んでいました。 八幡様の裏林と隣接する家々は、離婚4件、強盗金銭トラブル3件、 娘失踪・宗教理由で一家失踪・それから自殺 と、家内不和がない家はありませんでした。 やはり、神社の気?の通り道だった山を切り崩して、人家で塞いだのがよくなかったのでしょうか。 その住宅地の造成途中に殺人事件があり、数年後に掘り返されていましたが、
死体を埋めた場所はのちの小学校の正面でした

知り合いのお家のお話 家の建て替えのために、勝手に撤去した  住み始めて十年しないうちに夫婦ともに癌で他界  残された長男は結婚するも子供をさずからず 次男は子供が生まれてすぐに脳症にかかり、軽い麻痺と耳が聞こえなくなる これが全て、たたりなのかは???

ただ、そういう事情を一切知らない、ちょっと霊感があるという知人が 遊びに来たとき、その家の前を通りがかりに、行き場を失って怒りながら家の上空を クルクルと狐が回っていると・・・

■総本山・伏見稲荷には逸話がたくさん

京都の東南に位置する稲荷山。
その西南にあたる地区は、昔から「深草-ふかくさ」と呼ばれている土地で
実は冥界に通じる土地でもあります。

本当に霊感が強ければ伏見稲荷にけば体に異変が起きるよ・・・ここ京都最強の場所といってもよい

●消えるいなり寿司の怪

「伏見稲荷でいなり寿司を持って稲荷山に登ると途中でいなり寿司が消える」というもの。
 地元の人に尋ねてみると、「お使いの時でも途中で狐がつまんで食べる」のだそうである。
 
では、それを防ぐにはどうすればよいか。地元の人曰く、「いなり寿司と一緒にマッチ箱(もちろん中身の入ったやつ)を1箱入れておけば大丈夫」とのこと。何故マッチなのかは分からないが、狐だから火の出るものは苦手と言うことでしょうか。

■お稲荷さまには2種類ある

稲荷神というと、実は霊的に大きく二つに分かれます。

秦氏と共に渡来した稲荷神は倉稲魂尊(ウガノミタマノミコト)といって、スサノオ大神の
系統を引く、神界でもお働きの大きな神です。食物に関わる神で、日本全国に広くそのお力をあらわされております。作法にのっとって勧請(お迎え)し、祈願(感謝)をすれば偉大なる神力を現して下さる神ですので、人々の人気を集め、稲荷信仰が流行となりました。

豊受大神は、まさに稲の霊であり、その象徴であるウカノミタマも稲穂を持ってます。

そもそものお稲荷さまは、この豊受大神を祀っていたが、いつの間にか眷属の狐が主役になった?

二月には初午(はつうま)があります。最初の午(うま)の日に稲荷の神を祭る呼び名として生活に定着しています。その眷属(けんぞく)<神様の使い走り>が狐でした。いつのころからでしょうか主役が入れ替ってしまいました。

■全てのお稲荷様が怖いわけではない。怖いのは「荼枳尼天」を祭った稲荷神社

ここからが、もうひとつの稲荷神のおはなし・・・

空海という方が、民衆の願いをかなえる目的で、外国神の荼枳尼天(だきにてん)を勧請しました。空海は、本意ではなかった事でしょうが、貴族達の求めに応じて、金銭の絡む呪詛を負わされたりしました。
荼枳尼天とは真言密教と関わり、インドの女神ダーキニーのことです。本来、人を食らう夜叉、また羅刹の一種といわれます。祟り神の一種です。中世には霊孤と同一視されるようになります。
神仏習合の流れもあり、荼枳尼天と稲荷神は習合される事となりました。真言宗が全国に布教されるとともに、荼枳尼天の概念も含んだ状態の稲荷信仰が全国に広まることとなるのです。ここでごっちゃになってしまったのですね。

●荼枳尼天(ダキニ)は人の死期を6ヶ月前から予知し人肉を食べる女夜叉が前身

最初は豊穣を司る女神であったが、性や愛欲を司る神となりそして夜叉へと変わっていった。
仏教に取り入れられてからは大日如来の説法を受けて善神となり、臨終を待って死者の心臓のみ食べることを許された。

日本では荼枳尼天が乗る霊孤を日本古来の神・稲荷神の使いの狐と結びつけ、稲荷神と同一視されるようになった。
そのことから開運出世、商売繁盛、福財をもたらす神様として人気を集め信仰が広まっていった。

また、別の一面に人の魂を食う代わりに欲望を叶えるといわれ、相手に災いが及ぶように祈祷する呪詛修法に利用された。織田信長や徳川家康は天下統一の為に荼枳尼天を信仰したされている。
関東周辺に稲荷神社が多いのは、徳川家康が天下平定の恩に報いる為に江戸の周辺に多くの稲荷神社を寄進した為だといわれている。

●荼枳尼天を祭った稲荷は、見返りを求める

本来の稲荷神が、感謝の念やお礼の心によって格が上がっていくのに対し、祟り神が正体の稲荷神の方は恨みつらみ、貪欲など負の念が一番のごちそうです。そして、人の魂と引き換えに欲得を叶えます。もちろん金銭もおおいに絡んできます。

後に、荼枳尼天のもとから離れた狐の姿をした眷族が全国へ広がり、稲荷神として人間の欲望を満たしては、その負の念を上へと献上し、自分の階級を上げて力を付けていくのです。階級の低い霊狐は朽ちた稲荷神社や繁華街に潜み、人間にいたずらをしたり、惑わせたりします。その魂を一部でも奪われてしまった人間は心の病に陥る事もしばしばです。・・・恐ろしい話ですよね。

稲荷信仰というのは、確かに、一見御利益があるように見える。商売繁盛などを願うと、パアッと景気が良くなる。しかし一定期間経つと景気が落ち込む。そこでまた頼むと、景気が上向きになる。

しかし実はこれは、景気を前倒ししているだけで、本当に売上が増えたわけではないのだ。それが分からずに頼んでばかりいると、眼に見えない借金を抱えることになる。

こうなると、神界の闇のサラ金に手を出したような状態になり、後から後から高い利息が追いかけてきて、生かさず殺さずのがんじがらめの状態となる。

だから、稲荷信仰に熱心な人は、浮き沈みが激しい。この章で最初に書いた聖天さんも、実はこの、ダキニ、稲荷の霊系に属する神だ。だから御利益と祟りが大きいのである。新興宗教も似たようなものだ。世の御利益信仰の人は、心してかかられるが良い。

■お稲荷さんにお参りをするなら、毎年同じお稲荷さまへ

お稲荷さんを詣でる場合は、毎年同じ神社へ継続してお参りするように心掛けしましょう。その際、御神酒や油揚げをお供えすれば、より確実に開運上昇を手繰り寄せることができます。

1 2





lisalisajojoさん

気がついたらヘビでした。