1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

missingsoulさん

次期カウンタックとなる筈だった試作車。現在はJapan Lamborghini Owners Clubが所有している。

次期カウンタックとなる筈だった試作車。現在はJapan Lamborghini Owners Clubが所有している。

次期カウンタックとなる筈だった試作車。現在はJapan Lamborghini Owners Clubが所有している。

ディアブロをベースにHEULIEZが戦闘機のようなボディを架装したワンオフモデル

ディアブロをベースにHEULIEZが戦闘機のようなボディを架装したワンオフモデル

ディアブロをベースにHEULIEZが戦闘機のようなボディを架装したワンオフモデル

CARROZZERIA FRUAがエスパーダをベースに4ドア・ランボルギーニを試作

CARROZZERIA FRUAがエスパーダをベースに4ドア・ランボルギーニを試作

ウラッコの試作1号車。牙のようなデザインの黒いくぼみ1つ1つにリトラクタブルヘッドライトが埋め込まれている。ガンディーニはこのボツ案に少し手を加えてDINO308GT4とする。ランボルギーニのボツ案がライバルのフェラーリとなる…何とも皮肉である。

ウラッコの試作1号車。牙のようなデザインの黒いくぼみ1つ1つにリトラクタブルヘッドライトが埋め込まれている。ガンディーニはこのボツ案に少し手を加えてDINO308GT4とする。ランボルギーニのボツ案がライバルのフェラーリとなる…何とも皮肉である。

ウラッコの試作1号車。牙のようなデザインの黒いくぼみ1つ1つにリトラクタブルヘッドライトが埋め込まれている。ガンディーニはこのボツ案に少し手を加えてDINO308GT4とする。ランボルギーニのボツ案がライバルのフェラーリとなる…何とも皮肉である。

ウラッコの試作2号車。後にハラマに受け継がれてゆくディテールが散見される。

ウラッコの試作2号車。後にハラマに受け継がれてゆくディテールが散見される。

1 2 3