1. まとめトップ

【閲覧注意】ここまでされるとさすがに引くってレベルの人体改造

身体改造をした人トップ10が紹介されていました。かなりショッキングなものが多く、海外サイトでは「気持ち悪いい・・・」「クレイジーにもほどがある」「もはや人ではない」などのコメントがありました。そこまでグロいものはありませんが閲覧注意でお願いします。

更新日: 2015年08月04日

37 お気に入り 418629 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinnnikumanさん

世界で一番タトゥーを入れた人物として知られる。まぶたや耳の穴、歯茎にまでぎっちりタトゥーが入っている。

67歳で体の99%にヒョウ柄のタトゥーが入っている。彼は現代的な生活を避けて人里離れた場所で暮らし、毎日を本を読んだりヒョウのように大地を走り回り暮らしている。とても幸せな人生を送っているらしい。

新聞の芸術と文化の評論家として働いている。タトゥーに目を引かれがちだが、皮膚の下には大きなシリコンを入れたり耳や唇の下に巨大な穴があいている。しかし、一番のチャームポイントはそのメガネの色らしい。

別名「ゾンビボーイ」と呼ばれるリック・ジュネはモデルの仕事をしている。レディー・ガガのPVにも出たことがあり見るものに強烈なインパクトを残す。

別名「イラスト少女」と呼ばれる彼女はポルフィリン症(皮膚に障害をもたらす病)を持ち生まれる。常に水膨れなどの皮膚症状に苦しみ、それをカバーするためにタトゥーを入れ始める。10年後には全身にタトゥーが入り、世界でもっともタトゥーを入れた女性となった。

ブラジル出身のこの女性は全身に2500ものピアスをつけている。性器には内部と外部に500個のピアスがある。彼女は現在、エディンバラに暮らしているがその理由はブラジルに帰ると何かしらの攻撃を受けるのではないかと恐れているかららしい。

彼は67個のピアスと全身の75%にタトゥーが入っている。耳は10センチ以上の大きさに引き伸ばされ、頭にはシリコン、頭蓋骨にはメタルスパイクが入っている。ちなみに舌はスプリットタン(2つに分かれた舌)らしい。

この男はたぶん世界一と思われるほど鼻に大きな穴を開ている。耳にも巨大な穴を開けており、その他にも多数の身体改造をたくらんでいるらしい。頬の傷は改造をくわだてようとした時できるものらしい。

トカゲ男と呼ばれるこの男(1972)はスプリットタンの先駆者的存在。全身に緑のタトゥーを入れており、歯は牙のように尖っている。頭にはシリコンも多数入れている。

ストーキング・キャットことデニス・アヴナーは身体改造の草分け的存在。虎になるために身体を改造し、恐ろしい見た目になるが中身は非常にやさしい人物だったらしい。コンピュータの技術者として働いていたらしい。2012年に死去。自殺とみられる。

おまけ

1