1. まとめトップ

心の理論でアスペルガーをちょっとだけ知る

「心の理論」だけで自閉症を説明するのは難しいと言われていますが、ダウン症児、健常な4歳児は正解できても自閉症児は判断できない問題があることを知っておきましょう。

更新日: 2013年11月06日

53 お気に入り 248531 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

InfoWhnさん

◆他者の心の動きを類推する機能の成長が問題

心の理論:Theory of Mind (ToM)

 心理学で言うところの、
  ・相手の心の中を推察する
  ・他者が自分とは異なる意識を持つと考えることができる
能力のこと。 他者の心を推測・想定する能力。 読心力。

◆健常児でも4歳前後にならないと他者の心は類推できない

「心の理論」の入口に到達するのに、健常児でも4年前後に及ぶ期間を要する。

◆サリーとアンのテストで他者の心を類推できるかどうかをチェック

・文章だけでテストをするとこうなる

サリーとアンのテスト(自閉症者は思いこみを理解できないことを示すテスト)

(内容)
サリーとアンの二人が部屋で遊んでいる。サリーは、自分のおはじきをかごの中に入れて部屋を出る。アンは、サリーが出ていった後、そのおはじきを自分の箱の中に隠す。

 「部屋に戻って来たサリーは、まず、どこをさがすでしょうか?」
というのが問題である。

(結果)
自閉症者の約80%は、サリーは事実を知らないから、最初にかごを開けてみるということが予測できずに、「アンの箱をさがす。」と答えたのだという。一方、精神年齢ではむしろ調査対象の自閉症者よりも低かったというダウン症候群の子供達の誤答は20%に過ぎなかったという。

◆スマーティー課題 というものもあります

スマーティー課題

「Aがお菓子の箱を持っています。何が入っていると思いますか?」 と聞きます。

子供が回答したら、 「Aは箱の中身を取り出して、中に鉛筆が入っている事をあなたに見せました。
そこに、まだ箱の中身を見ていないBがやって来ました。

Bに箱を見せて 『中には何が入っていますか?』 と聞いたら、Bは何と答えるでしょうか?」 と聞き、更に、 「最初にこの箱を見せた時、あなたは何と答えましたか?」 と尋ねます。

広汎性発達障害の子供に聞いた場合、 サリー・アン課題と同じく「鉛筆」と答えてしまう確率が高くなります。

◆ケンブリッジ大学のアスペルガー診断テスト、日本語で出来ます

興味の面では、特定の分野については驚異的なまでの集中力と知識を持ち、会話の面では、聞かれたことに対して素直に答える(「空気を読む」などの行為を苦手とする)、といった特徴を持つ。 日本語ではしばしばアスペルガー, アスペとも略して呼ばれる。
各種の診断基準には明記されていないが、総合的なIQが知的障害域でないことが多く「知的障害がない自閉症」として扱われることも多いが、自閉症と言っても決して他者との会話を避けようとするようなものではない。

1