映画製作においては、ハリウッド大作を中心に4K化は進んでおり、上映環境についても、国内でも多くの劇場が4Kに対応している。そのため映画製作用のデジタルシネマカメラや業務用ビデオカメラなどでも4K対応が進んでいる。4Kのコンテンツについては、徐々に増加傾向で、特に映画製作においてはかなり進んできている。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20130709_606578.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る