1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あなたの情報もいつの間にか…個人情報売買の恐怖の実態

昨年起こった「逗子ストーカー事件」。この事件の犯人は被害者の住所を知るために探偵を使っていた。この探偵が「個人情報販売業者」から情報を得ていた可能性が浮上。個人情報が売買されている恐怖の実態とは?

更新日: 2013年11月07日

11 お気に入り 15036 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

●昨年起こった「逗子ストーカー事件」

神奈川県逗子市でデザイナー三好梨絵(みよしりえ)さん=当時(33)=が元交際相手の男に刺殺された事件

2012年11月6日、神奈川県逗子市のアパート1階居間で三好さんが刃物で刺殺され、東京都在住の元交際相手の40歳男性の犯人が同じアパートの2階の出窓にひもをかけ、首吊り自殺した

刺殺した男は事件約七カ月前の一二年春、二週間で約千通の嫌がらせメールを三好さんに送りつけていた

・犯人は探偵を使い、被害者の住所を割り出していた

事件直前の2012月11月に探偵事務所に被害女性の居場所を調べてほしいと依頼して、探偵事務所から所在確認の連絡を受けたことが判明している

●被害者の住所は「個人情報販売業者」から漏れた可能性が浮上

愛知県警は6日、いずれも探偵業の男2人を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)の疑いで逮捕した

逮捕されたのは「TCC―OFFICE」代表の小浜博敏(59)=東京都品川区平塚2丁目=と、「アスク・ミー」社長の菊嶋毅(42)=東京都世田谷区玉川4丁目=の両容疑者

2人は昨秋の「逗子ストーカー殺人事件」でも、被害女性の住所を元交際相手の男の依頼から約2時間で割り出し、回答した

事件後に自殺した元交際相手の男に別の探偵業者を通じて伝わり、女性の詳しい住所の特定に使われた疑いがある

・この探偵の男が「個人情報販売業者」だった

この業者は携帯電話の番号や車両ナンバーなどをもとに、氏名や住所、家族構成などを調べ、1件数万円で売買するのを専門にしている

●個人情報が売買されている恐怖の実態

グループの中核的存在の情報屋が複数の探偵業者を束ね、個々の探偵業者の下には協力者と呼ばれる携帯電話の販売店員や個人情報に接することができる公務員などが結びついていた

情報源を持たない探偵業者は、顧客から調査を依頼されると情報屋を通じて個人情報を買い付ける

情報を横流しするだけで情報屋には多額の報酬が転がり込んでいた。これが個人情報を売買する闇のネットワークの構図だという

「住民票とか携帯電話もそうですけど、情報は何でも取れる。FAX1枚のやり取りで(回答が)1日か2日、即日来る場合もある。情報網は本当にすごい」

情報屋と10年にわたり取り引きしていたという探偵業者の証言

●意外?こんな情報の相場は…

銀行口座が高い理由は、より現金化がしやすい点にある。闇市場での銀行口座番号は、オンラインバンキングの番号やパスワードとセットで販売されており、直接現金を扱えることが特徴

より現金化しやすく本人確認にも使えるために、価格が高くなっていると思われる

・SNSのアカウントも売買されているが驚く程安い

世界的に見ればFacebookのユーザー数が圧倒的に多く、「結果的にアカウントを詐取され悪用される被害者の数も多くなっている事情」(トレンドマイクロ)があると考えられる

1





このまとめへのコメント1

  • uchidenokonataさん|2013.12.15

    「集団ストーカー」の場合は、団体絡みで警察もグルだからね。

    集団ストーカー被害者の会というのがあるから、検索してみるといいよ。

1