1. まとめトップ

[必見]洗えば洗うほど髪がしっかりしてくる!!アミノ酸系シャンプーが良い!!

ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーが流行りの世の中ですが、次に注目を集めるのはアミノ酸系シャンプーだと思います!!!参考にしてみてください!!!

更新日: 2013年11月07日

54 お気に入り 33991 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nest.さん

これまでのシャンプーは・・・

従来の界面活性剤はラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naがほとんどを占めており、この洗浄剤は強力な洗浄力で肌に必要な栄養分まで洗い流してしまいます。
そもそもラウリル硫酸等は油汚れが非常によく落ちるため、車の洗車や食器洗い、様々な工場等での油汚れ落としにも使用される、人の体を洗うには適さない物だったのです。
そのため美容師さんは手が荒れ、乾燥肌やフケなどのトラブルが起きやすく、肌の弱い人にはとても適さない物でした。

アミノ酸系シャンプーというのは、洗浄機能を持つ界面活性剤が、アミノ酸系成分で作られたシャンプーのこと

アミノ酸系シャンプーの役割と必要性

局で市販されているような、高級アルコール系のシャンプーですと、洗浄力が強すぎて頭皮に大きな刺激を与えてしまったり、頭皮のタンパク質を溶かしてしまいます。



その結果、毛髪が十分に成長しなままに抜け落ちてしまったり、最悪の場合は毛根が死滅してしまったりします。



このような劣悪な頭皮環境では、髪が満足に成長できないのは当然ですし、脱毛症の進行を助長してしまいます。また、育毛剤を塗布しても逆効果になってしまう可能性があり、こういった状況改善する必要があるのです。



つまりアミノ酸系シャンプーの役割は、「頭皮環境を改善して、抜け毛を防止すること」と、「育毛剤が浸透しやすい、綺麗な頭皮を作ること」にあると言えます。

アミノ酸系シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーには「選択洗浄機能」という素晴らしい性質があり、汚れや脂肪酸など頭皮に害をもたらす物質のみ洗浄し、毛髪の生育や頭皮の保湿などに必要な皮脂は頭皮に残しておく、という機能を持っています。



これによって、皮脂の分泌量を適切な水準にコントロールできるようになり、過剰分泌や頭皮の乾燥・フケといった症状を改善することができます。

余分な汚れだけ、洗い流すとゆうことですね。

アミノ酸とは???

タンパク質を作っている成分で、私たちの身体の大部分がアミノ酸・・・

アミノ酸は、私たちの体の血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになるタンパク質を構成している成分です。
通常のタンパク質は、数百個~数千個のアミノ酸が連なって出来ています。

私たちの身体の約60%が水で、残り約40%のうち半分の20%はタンパク質と言われています。

タンパク質はアミノ酸からできていますので、
実質、水分を除けば、身体のの大部分がアミノ酸と言ってもいいでしょう。

アミノ酸は、現在確認されているだけで、約500種類の天然アミノ酸があります。
その中で、私たちの体を作っているアミノ酸は約20種類。

その20種類のアミノ酸のうち、私たちが体の中で合成できるのが10種類。
残りの10種類は合成できません。

従って、食事などで補給しなければならないのです。
この合成できないアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれています。

そして、アミノ酸は身体の素ですから、皮膚や髪も細かく見ていけば、アミノ酸から構成されています。
ですから、アミノ酸シャンプーが、体にやさしいというのもうなずけますね。

天然の保湿機能がある

アミノ酸系成分には、髪のダメージ部分に吸着して浸透し、保湿するという素晴らしい働きがあります。



これによって、毛髪にツヤが出るようになりますし、頭皮が潤うことによって柔らかくなり、血行が良くなるというメリットもあります。



毛髪の成長にとって、毛根に栄養が届きやすい環境を作るということは非常に重要なので、アミノ酸系シャンプーを使用する大きな利点と言えます。

アミノ酸シャンプーのが注目される理由

現在、髪や頭皮を気使う方に、No.1の人気のアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは、他のシャンプーと違い圧倒的に髪や頭皮、肌にやさしいのが特徴です。

刺激らしいものがほとんどないので、敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む方にも効果的です。
頭皮のダメージによるフケやかゆみにお悩みの方にも効果的です。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力がやさしく、
汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、皮脂を根こそぎ落としません。

頭皮に必要なうるおい成分を、ちゃんと残したままにしておくことができるのです。

また、アミノ酸シャンプーには洗うだけでなく、シャンプーに含まれるアミノ酸が髪へ浸透し、
ある程度髪を修復する効果もあるとされています。

美容業界でも、大部分のサロンがアミノ酸シャンプーに切り替えています。

そして、少しずつではありますが、世の中全体で考えてみましても・・・
シャンプーに限らず、身体に使用する洗浄剤や化粧品の類に関して、
より優しいもの、穏やかなもの、より低刺激なものを、求める動きが高まっているように思います。

アミノ酸シャンプーと他のシャンプーの違い

低刺激で髪や頭皮、肌に負担をかけることがない・・・

アミノ酸シャンプーと、他のシャンプーとの違いは、
なんといっても洗浄力のやさしさと保湿力です。

シャンプーの目的は、髪よりも頭皮の汚れを取り除くことにあります。

頭皮の汚れとは、主にほこりや余分な皮脂などで、
これらは、しっかりと洗い流して取り除く必要があります。

一方で、頭皮の皮脂は、皮膚を保護する役割を持っているため、
必要以上に根こそぎ取り除くと、さまざまなトラブルの原因となります。

市販の高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーは、皮脂に対する洗浄力が強く、
頭皮の油脂分を完全に洗い流してしまい、大部分の方にとって皮脂の落とし過ぎの傾向となります。

このことが、頭皮の環境を大きく損ねてしまう原因となるのです。

その結果として、後ほど皮脂を過剰に分泌したり、
赤く腫れやすくなったり、乾燥肌になったりといったトラブルを抱える可能性がでてきます。

その点、アミノ酸シャンプーは、他のシャンプーと比べ、洗浄力がやさしく、
皮脂を取りすぎるということがなく、保湿性も高いというのが、一番の違いです。

アミノ酸シャンプーのメリット

美容師や髪にこだわる方から、大絶賛のアミノ酸シャンプーの長所!

アミノ酸系シャンプーのメリットと特徴

 ・低刺激性なので、髪や頭皮、肌にやさしい。
 ・適度な洗浄力があり、余分な皮脂を落とさない。
 ・硬水でも泡立ちが良い。
 ・保湿性が高く、洗髪後にパサつきにくい。
 ・生分解性に優れている。

これらの理由により、アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮、肌にやさしいシャンプーだと言われています。

厳密には、アミノ酸シャンプーの中にも、たくさんの種類があり、性能も異なります。
ここでは、アミノ酸界面活性剤として、大きなくくりとしての性能を書いています。

しかし、弱点もあります。。

アミノ酸シャンプーのデメリット

アミノ酸シャンプーの長所の裏返しが短所となります

アミノ酸系シャンプーのデメリット・欠点

 ・洗浄力がやや弱いため、頭皮の汚れが残る場合もある。洗髪直後も臭い。
 ・洗浄力がやや弱いため、整髪料等が取れにくい。
 ・保湿性が高く、髪が重たくなりがちで、髪の毛のボリュームを出しにくい。
 ・保湿性が高く、じっとり仕上がる傾向があるので、洗髪後の爽快感(清涼感)を感じにくい。
 ・原料の価格が高いため、商品価格もやや高い。

どんなものでも長所と短所があるように、アミノ酸シャンプーにも長所と短所があります。
ちょうど、短所は長所を裏返した形になります。

アミノ酸シャンプーは、ある程度の適度な洗浄力があるのですが、
シャンプーでの皮脂汚れと考えると、やや弱いと結論づけざるを得ません。

アミノ酸シャンプーは、トータル的に考えて・・・お勧めのシャンプー剤です!

髪や頭皮のことを考えると、やっぱりアミノ酸シャンプー

大人気のアミノ酸シャンプーにも、長所と短所がありますが、
長所短所を見比べても、圧倒的に短所を上回る長所があります。

もし、髪や頭皮のことでお悩みの方、肌が弱い方、敏感肌の方などは、
アミノ酸シャンプーのご使用をお勧めします。

ただ、アミノ酸シャンプーは、少し洗浄力が弱いので、他のシャンプー剤より丁寧に洗わないと、
落とすべき皮脂汚れが取れずに残ってしまう場合があります。

アミノ酸系シャンプーの見分け方は???

シャンプーは薬事法により、パッケージや容器に必ず配合濃度の高い順に全成分が記載されていますが
前半部分を見て「ココイル~」や「コカミド~」といった成分が表示されていれば、それはアミノ酸系シャンプーです。

1 2