1. まとめトップ

狭い部屋でも快適に!クローゼットお役立ち収納術

物って知らず知らずのうちに増えていますよね。狭い賃貸物件などですと、部屋の中が物であふれかえることも。そんな時に活用したいのはクローゼット。クローゼットの収納術を使いこなして、快適な部屋に変身!!

更新日: 2013年11月07日

118 お気に入り 127716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あま納豆さん

スペースを作る&作ったスペースを利用する!

洋服を吊るして並べるときは、洋服の長さを揃えて並べると、下の収納スペースを最大限に活用できます。
ランダムに並べてしまうと、下の空間にムダなスペースができてしまいます。

衣装ケースをおいたり、もうひとつ小さいパイプハンガーラックを置いて、上下2段にすることも。

洋服を吊るした下に中途半端なすき間が出たら、カゴを並べて有効活用できます。ハンカチや靴下など、引き出しでは深すぎる小物の収納スペースとして、利用すると便利です。

ロングコートなどは、家族みんなのものを一緒に収納するだけで、その場所だけ高さのある収納にしてしまえば、その他のものは上下二段にパイプを設置して衣類を掛けておくことが出来ます。

とにかく縦に収納!

重ねると下の物が取りにくい敷布団も、思い切って立ててしまいます。
硬めのあまり使わない来客用の敷布団なら、衣装ケースなどで押さえるだけで安定します。
これなら布団を引き出すのも簡単で、スペースも有効活用できます。

タナの上に横方向に並べるのではなく、タテに並べてハンガーに吊るしてしまいましょう。バッグ収納ハンガーラックを使えば、1つ1つをくるむように収納するので、大事なバッグを守ることができ、何より省スペースになりますよ。

デッドスペースを利用する!

クローゼットの上の棚、どんな風に活用されていますか?わざわざ、収納ケースを買うのももったいないですよね。
そこで登場するのは、缶ビールのダンボール箱(24個入りのもの)!!このダンボール箱が収納に大活躍してくれます。

棚の上に寝かせて並べます。片方がオープンに為っているので中身が見やすく、しかも箱がひらべったいので、重ねる事ができ収納にはうってつけなのです。頻繁に使用しない、リネン類や季節はずれの洋服などの収納に活用させて下さい。

奥までシッカリ活用するために、軽く引き出せるようキャスター付きタイプの引き出しセットを選びましょう。

下段は奥に収納したものが見えにくいものです。そこで活躍するのはキャスター付きラックや収納ケース。
スペースを手前と奥の2つに分け、普段使用しない物は奥へしまいましょう。

さらにその隙間も収納スペースにしてしまいましょう。クリアファイル(固めのもの)に、Tシャツなどを入れて隙間に入れましょう。A4サイズは、Tシャツの収納にジャストサイズです。

すのこの隙間など、ちょっとしたスペースも最大限利用します。

主な参考サイト

1