1. まとめトップ

【インディゴチルドレン】インディゴとは?チェック・参考になるページ【生きづらい】

既存のシステムを破壊し、新たな世界を生み出す使命を持った子どもたち。1970年代後半から地球に到着し始め、深い藍色のオーラを持った「インディゴチルドレン」について参考になるページをまとめました。自分や子どもがインディゴかも?と思ったときのチェック方法、生き方その他。

更新日: 2016年07月13日

21 お気に入り 88801 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lisalisajojoさん

※高額セミナーやヒーリングを推奨するブログやサイトは極力避けましたが、インディゴを紹介するブログ。サイトには霊感・セミナー商法も多いので、お調べの際にはくれぐれもお気をつけください。

■インディゴチルドレンとは?

アメリカの心理学者ナンシー・アン・タッペという人が名付けた、新しいタイプの子供達のことを指す言葉です。オーラの色がインディゴブルーに見えることから、そう名づけられました。

ADHD(注意欠陥多動性障害)やアスペルガー症候群の子供に多く見うけられます。

彼等の使命は人類が地球を破壊せずに無事に次元上昇ができるように手助けをするために、自発的に地球に生まれ変わった子供たちです。しかし、3次元の地球に生まれ変わった途端に、彼等の殆どが自分たちの使命を忘れてしまい、そのことを全く思い出せずに、一般の地球人と同じように一生を終えるか、地球にいることに違和感を感じ、様々な問題を抱えて苦しんだり、自殺をしてしまうケースもあります。
また、インディゴ・チルドレンと同じ使命を持ち、ここ20年間に地球に生まれ変わった高次元の魂に、クリスタル・チルドレンと呼ばれる存在もあり、彼等は非常に心優しく、平和主義で、サイキック能力が際立っています。

■この10項目に当てはまっていたらインディゴかも!

1 インディゴは尊厳を漂わせながらこの世に生まれてくる(多くの場合、生まれた後もそのように振舞う。)

2 彼らには「自分は存在するべくして存在している」という気持ちがあり、他人にそれを理解されないと、気が動転してしまう。
  
3 自己評価には重きをおかない。彼らはよく親に「自分は誰なのか」を語る。

4 絶対的な(説明や選択の余地を与えない)権威を受け入れない。
  
5 特定のことをあっさりと否定する。例えば並んで待つ事は、彼らには難しい。

6 創造的思考を必要としない儀式的なシステムには、欲求不満を募らせる。
 
7 家庭でも学校でも、物事のよりよいやり方を見つけ出すので、「システム・バスター」(いかなるシステムにも従わないもの)のように思われてしまう。
  
8 インディゴの仲間と一緒にいるとき以外は、非社交的であるようだ。自分に似たような意識のものが周囲に誰もいないと、しばしば内向的になり、誰からも理解してもらえないと感じる。そういう子供達にとって、学校生活は非常に難しくなる。
  
9 罪悪感を持たせるようなしつけ方、例えば「そんなことをして、お父さんが帰ってきたら怒られるわよ」といったような説教をしても効果がない。
  
10 自分が必要とすることは臆することなく伝える

■インディゴの使命とは

インディゴ チルドレンの持っている使命
・今までは必要だった社会体制
・社会秩序
・人格破壊的子育て方法
・コントロールの為の教育システム
・コントロールの為の社会システム
・世界を支配しコントロールしようとしている人達の集合体
・人間に対する誤った思い込み

そうした出来あがってしまっているモノを壊し
新しい体制の基盤づくりをする使命を持っています。

変化を受け入れることに不安や恐怖を持っている人が
しがみつこうとする古い体制を壊すこと、新しい基盤を築くことが使命の重要課題です。

■インディゴは生きにくい、子供だと「育てにくい子」と思われがち

「なんて生きにくい社会なんだ?」
「なぜ、こんなルール、規則、法律があるんだ?」
「人間って一体なんなんだ!?」

そんなこと幼い頃から思っていた方いませんか?
そんなあなたは、インディゴ・チルドレンかもしれません。

インディゴ・チルドレンは生まれつき直感力が強いようです。
そのため、彼らにウソは通じません。特に大人のウソはすぐ見破ってしまいます。
だから、この社会のウソも見破ることができ、偽りの世界に疑問を抱きながら育つのでしょう。
彼らには、その気持ちが抑えきれず反社会的な活動、発言をするタイプもいれば、
それができずに心(本音)を閉ざしてしまうタイプもいるようです。

また、ピュアインディゴと呼ばれる稀な魂の中には、
ADD/ADHD(注意欠陥障害、注意欠陥多動性障害)といった、発達障害として
この社会では認定されるケースが多いようです。

■大人のインディゴが抱く想い

大人になったインディゴチルドレンには次のような特徴もあります。
・自分は何も達成できていない、という挫折感がある
・無価値感があり、いつも満たされない
・「自分は自分」と自尊心が高い。自分の尊厳を脅かされると攻撃的に
なるか、逆に無気力になる
・あえて困難な道を選びがち。その為、生きづらさを感じてしまう。
・自分はアダルドチルドレンだと思い、汚れた、ずるい大人になりたく
ないと思っている
・他人には理解を示す一方、自分はだれにも理解してもらえない、自分
でも自分が分からないという思いに苦しむ
・理想と現実の違いに苦しむ

■氷河期世代はインディゴチルドレン?

■インディゴチルドレン基礎知識

■ご自身・お子さん・身近な人がインディゴの方の体験談など

<大人のインディゴ>

<子どもがインディゴかもしれない>

1 2