1. まとめトップ

アメリカで全面禁止される、トランス脂肪酸を多く含む食品TOP10

トランス脂肪酸は悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。|ショートニング、マーガリン、味付けポップコーン、コンパウンドクリーム、ファットスプレッド、ハヤシルウ、クッキー、コーヒークリーム、クロワッサン、半生ケーキ

更新日: 2018年07月02日

91 お気に入り 364677 view
お気に入り追加

9位 クロワッサン

クロワッサン、デニッシュペストリーも、あれはバターでなく、パイ用マーガリンで作っていて、それはもうトランス脂肪酸たっぷり。

一個に、ティースプーン山盛りいっぱいのマーガリンが入っていると思ってください。

9位(同率) 半生ケーキ

調査データについて

これらのデータは主に平成18~19年当時の市販品のデータです。食品事業者は自主的にトランス脂肪酸を低減する取組を進めていますので、現在のトランス脂肪酸含有濃度(天然由来のものを除く。)の範囲と大きく異なる場合があります。

食品ごとの調査点数が少ないため、国内の含有実態を的確に把握するには十分ではありませんが、おおよその目安としてご覧下さい。

リンク

まとめ

ニュース

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1