1. まとめトップ

スペリオ城北の歴史

元々は北区王子にある私立駿台学園高等学校サッカー部OBの受け皿として設立。
クラブ名の由来は、槍(ランス)と盾(シールド)という二つの単語の造語。攻撃力と守備力を兼ね備えたチームになって欲しいという願いからこの名前が付けられた。
初代監督は当時、駿台学園の体育教諭であった石島祥行氏。

2005年…東京都社会人サッカーリーグ4部に所属しブロック全勝優勝。
2006年…東京都社会人サッカーリーグ3部に所属するも2部昇格は叶わず。

2007年 佐川コンピューターシステムとの死闘

健闘するも、同ブロック最強のライバルクラブであった佐川コンピューターシステム(現:東京都1部リーグ所属V.F.C. 1st)に1-2で敗戦し、昇格を逃す。その時のハイライト映像がこちら。おそらく城北の歴史の中で最古の試合動画。

前年佐川コンピューターシステムの監督であった木村智徹氏(現:V.F.C. 東京監督)を監督に迎え、快進撃を続ける。首位を争うタイガーサッカークラブとの対決を1-0で制し見事優勝。3部リーグカップ戦でも決勝であの三菱養和を下し、見事優勝。この年はダブルタイトルを獲得し、堂々の2部昇格を果たす。
ちなみにこの年まで胸スポンサーは北区に本社を構える、おつまみで有名な”なとり”だった。

2部昇格を期にクラブ名をスペリオ城北に改め、エンブレムとユニホームも一新。新監督に山田氏を迎えるも途中で帝京高校OBである鹿内氏に監督交代。初昇格にして上位を争うが、CERVEZA FC 東京に追いつけず2位でフィニッシュ。

2010年 昇格2年目 熱狂のFC GIOCO戦

2部昇格2年目、川崎氏を監督に迎え、この年も終盤まで上位争いを続ける。最終節手前で1位と2位を争っていたFC GIOCOと対戦。ホームゲーム開催依頼最多の約350人の観客が赤スポにつめ掛けホームの雰囲気を作るも2-2の引き分け。最後のプレーで、その当時のFW斉藤がPA内で倒されるも判定はノーファール。後日談として、その試合の主審曰く「あれはPKだった。」と言っていたそうだ(ぜひ動画を見てください)。引き分けて勝ち点で並ぶも17点の得失点差を覆さなければならず、最終戦の日立本社サッカー部戦で猛攻を見せるも10得点に終わり、この年も1部昇格を逃した。

2011年 吉見監督就任1年目

昨年の雪辱を晴らすべく、元明治大学体育会サッカー部総監督でS級ライセンス(Jリーグのチームの監督もやることが出来るライセンス)保持者の吉見章氏を監督に迎え、1部昇格に向け再スタートを切る。しかし、思うように勝ち星を掴むことが出来ず、2部昇格以来の最低順位4位でシーズンを終えることとなった。動画はシーズン最終戦のFC OSSA戦

2012年 昇格逃すも実りあるシーズン

吉見監督就任2年目。期待は高まるばかりのシーズン前だったが、リーグ初戦で今シーズン最大のライバルである慶応BRBと対戦し敗戦。2部カップ戦決勝でも慶応BRBと対戦し、延長PKまでもつれ込んだものの敗退。結局このシーズンは3位でフィニッシュ。しかし、吉見監督の戦術は徐々に浸透し、新選手の躍動も随所に見ることのできた実りあるシーズンだった。動画はこのシーズン唯一のサポーター合戦となった東京ベイFC戦。

2013年 最強の敵を圧倒し優勝へ近づく、しかし…

吉見監督就任3年目、開幕から破竹の6連勝。特に、第5戦の東京ガスFC戦では1点先制されるも終盤残り15分で2点を返し逆転するなど粘り強さも随所に見られ、成熟してきたチームの姿を見ることができた。しかし、第7戦の平和戦では下位相手にも係わらず1-0で敗戦。が、この敗戦を切っ掛けにチームは結束し、連勝街道を突き進む。特に動画の東京蹴球団戦では、今まで1度も勝ったことのない相手に6-0の圧勝で勝ち点で並ぶ。しかし、最終戦でRacing Club de Tokyoに0-1の惜敗。最終的には勝ち点で並んだものの、得失点差を19点もつけられ2位でシーズンを終え、またも1部への昇格を果たせなかった。

2014年 決意を新たに勝負のシーズンへ

※選手は左からGK石山、MF成岡、MF渡邊、GK中郷

新規スポンサーとして背中に東京と城北地区の地元銀行『城北信用金庫』、袖に酒類販売店大手の『カクヤス』、パンツにシルク印刷会社『新興グランド社』が付き、既存胸スポンサーの『まちづくり北』を加えて東京都リーグとしては異例のフルスポーンサーが付いたユニを今年から着用。地元の支援を手厚く受け、悲願の1部昇格を目指す。しかし、このシーズンも一筋縄では行かなかった。

昨年、東京都1部リーグからまさかの2部降格になったサポーター同士で交流もある、古豪、青梅FCと同ブロックになり、開幕前から青梅FCとの対決は一部のサッカーファンから注目を集めることとなる。

ブロック分け前には、来年は1部で必ず戦おうと話していただけに、この非情とも言えるブロック分けには、この年の東京都社会人リーグ一番の話題になった(ような気がしないでもない)。

開幕戦の富士ゼロックスFC戦をエースストライカー長澤の2ゴールで2-1で勝利し、その後も第7戦の昭島FCホリデー戦まで連勝街道をひた走るが、8戦目の東京ガスサッカー部戦で引き分け。先に行われていた青梅FCの7戦目、あきる野FC戦が引き分けに終わっていただけにこの結果が痛恨のドローとなり優勝争いは更に混沌を極めることとなる。

最大のライバル青梅FCとの一騎打ちかと思われた2014年のリーグ戦だったが、ここでダークホースとも言えるクラブが城北、青梅を追随し、一時は暫定首位に躍り出る。そのクラブとは八王子市をホームタウンとし、城北と同じく将来のJリーグ加盟を目指す『アローレはちきたFC』。8勝1分の同成績で迎えた第10戦のアローレ戦は大勢のアローレ応援団との応援合戦も含め、今シーズン終盤戦線最初の山場となった。
アローレに先制されては追いつくといった後追いの展開で苦しむも、最後は城北不動の左サイドバック原田の後半終了5分前の逆転ゴールで見事勝利。サイドバックの選手が試合終盤あのポジションにいるというのは今となっても不思議でならない。ぜひこの試合動画をご覧いただき試合の熱狂を体感してください!

いよいよ迎える青梅FCとの決戦を前に、サッカーUstream放送『東京偉蹴FanTV 今そこにあるサッカーを愛すんだZ!』にて青梅vs城北の特集番組が放送された。交流のある両チームのサポーターの思いが詰まったこの番組は対決の盛り上がりを助長させるのに十分な着火剤となった。

色々な思いが交錯する青梅FCとの試合を記念して、なんとマッチスポンサーとして立川のスポーツ居酒屋『KITEN!』、池袋のスポーツ居酒屋『バッカス』が付き、記念ステッカーを作成。蒼緑決戦の文言、デザイン原案はスペリオ城北コールリーダーのこばやん、最終デザインはKITEN!店主のふくやんが行う。来場者先着300名に配布するとUstream放送で告知する。

※この企画はサポーターが主導で行ったものであり、スペリオ城北と青梅FCのクラブは関与しておりません。

城北10勝1分、青梅11勝1分けの青梅が1試合消化が多い、ほぼ同条件で迎えた頂上決戦は『蒼緑決戦』と銘打って都道府県リーグでは異例の推定600人の観客を動員した。試合は城北が渡邊信平のゴールで先制するも、東京都リーグ屈指のストライカー岩田朗に後半開始早々、同点ゴールを決められ結果はドロー。この試合が最終戦となる青梅は城北の最終戦の結果待ち、城北はこのドローで最終戦を9点差をつけて勝たなければならないというかなり厳しい状況に追い込まれた。

しかし、スペリオ城北関係者は誰一人として諦めることはなかった。

1 2 3