1. まとめトップ

ウェブフォームの入力ってめんどくさい!EFOまとめ

Web担当者Forumにも取り上げられ注目度があがっている「エントリーフォーム最適化-EFO」について情報提供します。種々飛び交うエントリーフォーム最適化に関する情報。大多数の意見に共通した考え方やテクニックとは?

更新日: 2013年12月04日

robin.chrisさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 2782 view
お気に入り追加

※ページ最下部に役立つリンクを、全てまとめました。

▼EFOって何?

入力フォーム最適化(にゅうりょくフォームさいてきか、英: Entry Form Optimization, EFO)とは、ウェブサイトの入力フォームの仕様やデザインを利用しやすく改善を行うことである。

入力フォームを最適化することにより、途中離脱者が減り成約率(CVR)向上に直結する。

フォームの完了率を上げるための施策のこと

ネットの成績アップには、フォーム完了率を上げるのが近道

ネット上での「レジ」にあたる「フォーム」に並んだお客様のなかで、
実際にフォームの入力完了まで辿りつくユーザーは、25%程度。

▼エラー表示、すれば良いと思ってます?

エラーのせいで離脱率が90%を超えるサイトも珍しくない

・エラーはなにが間違っているのかを教える
・エラー内容はその場で教えてあげる
・「入力内容を訂正する」ボタンを押した時に、
入力した内容が消えないようにする

確認画面を表示させた際、エラー表示の回数が1回目で42.8%、2回目で73.8%が離脱

▼本当に考えるべきなのはあなたの販売フローの明確化?

EFO策の中で、最もよく聞く話題の1つが「フォームの項目数」

しかし、この「項目数」ただ減らせばいいというものではありません。
場合によっては、多いほうがいいこともある

▼みんなフォーム入力がキライらしい

MarkeZineに連載されているセプテーニの情報サイト「Webマーケティングガイド」のリサーチ結果です。

携帯の電話番号/住所などの個人情報の提供は現在も抵抗を感じるユーザーが多いようです。

WEBサイトの入力フォームに「イライラする!」7割
イライラの原因1位は「数字の全角・半角指定」

入力が上手くいかずイライラした経験について
全体の71.5%が「ある」と回答。ネットショッピング利用経験者では75.0%

「よくわからない」「めんどくさい」といった「ストレス」を感じることで、離脱してしまいます。

では「ストレス」のないフォームにするためには?ということで、わかりやすく怒りの声とともに18の項目と+2項目のさらなる活用で計20項目をまとめました。

▼スマホでのフォーム入力はいよいよもって大ッきらい

スマホショッピングをしない理由

スマートフォンを使用している人に、
スマートフォンでの物品購入の経験を尋ねたところ、44.9%が「ある」

物品を購入しなかった理由について、
「フォームの入力が面倒くさかったから」が28.5%でトップ

▼スマホを使っていると必ず共感できるイライラポイントがある

PC向けに用意していた既存のWEBフォームをそのままにすると、どんな問題が発生するでしょうか?

課題1: 項目名が見えない
【改善案】
<推奨>入力例を入力ボックスの上または下に配置する

もしスマートフォンを非常に重視する場合には、PC用とは別に専用のフォームを用意することも視野に入れるべきかもしれません。

【調査データ】ショッピングサイトはスマホに対応しないと、顧客を半分失う。

購入経験者が4割、年齢、性別による差があまりない

スマートフォンを持っている人の4割が、
スマホからショッピングしていることを考えると
ECサイトのスマートフォン対応は必須

▼どうしたらいいの?

コンバージョンプロセスはサイトで最も重要な部分

ある程度、コンバージョン達成に意欲があるユーザーだけがいるので、余計な部分で離脱の原因は作りたく無い部分です。

フォームまわりで確認できる指標はそれほど多くはありません。大きく4つと言えるでしょう。

フォームページの離脱もしくはフォールアウト
フォームでのエラー発生数
放棄(離脱)をした際に入力していたフォーム
放棄した人のその後のパス

お問い合わせフォームの改善は効果が出るまで時間のかかるSEOなどとは違い、すぐに効果を実感できる施策

改善は大別して4カテゴリ

入力支援
エラー対応
セキュリティ
おもてなし

ジョナサン・ブラウン(Jonathan Browne)

フォレスター・リサーチのシニア・アナリスト。
カスタマーエクスペリエンスとマーケティングの
分野において企業のビジネスをサポートしている。

以下、ブラウン氏の記事です。

ウェブサイトを使っているお客様がなぜ途中であきらめるのか?

次の4つのどれかが当てはまります。

・サイトのコンテンツ自体が足りない(価値の欠陥)
・価値のあるコンテンツが探しにくい(ナビゲーションが悪い)
・価値のあるコンテンツは見つかったがよくわからなかった
(プレゼンテーションが悪い)
・サイトに信頼がなかったために使うのをやめた(信頼性の欠陥)

エントリーフォーム最適化(EFO)15の方法

1.フォーム内の無駄なリンクは外せ!
2.入力項目は極限まで削れ!
3.入力ボックスは分割するな!
4.半角・全角入力をユーザーに求めるな!
5.離脱しそうなユーザーはポップアップ表示で引き留めろ!
...他10項目

EFOの基本的な考え方は、
・とにかく短く!
・ストレスを感じる暇を与えるな!
・逃げる道を作らない!
・まずは1つ入力させろ!

▼フォーム入力最適化ツール

入力フォームでの入力サポート機能、離脱項目・エラー項目の分析機能により、売上やコンバージョン率を大幅にアップ。フォームの改修不要、タグを入れるだけですぐに利用可能

1つの画面で一括管理するワンストップソリューションです

ユーザに合わせて離脱を防止し、売上や申込率を大幅アップ可能なサービス。フォームの改修不要、導入効果を専用解析ツールで確認可能。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

robin.chrisさん