1. まとめトップ

タイ☆願いを高速で叶えてくれる巨大ピンクガネーシャを探せ!

願い事をするのにはコツがあるのでチェックしないとあとでがっかりすることになります。

更新日: 2017年01月15日

49 お気に入り 75703 view
お気に入り追加

巨大なピンクガネーシャを祀る寺があった!願い事が3倍速で叶うらしい

場所はチェシュンサオのワットサマーンラッタナーラーム(วัดสมานรัตนาราม)というお寺です。

チャチュンサオとういう町のお寺です。バンコクから1時間半くらいです。バンコクに隣接するチャチューンサオ(Chachoengsao)県。

入場料、駐車場は無料です。

世界一大きなガネーシャです。

ゆったり寝そべっているお姿が、何とも言えないイイ味出してますね~。

その周辺にも至るところにいろんなガネーシャ像が祀られていて、この日は超暑かったんだけど、それでも見ごたえは十分でしばし見入っちゃいました。

ガネーシャとは?

象の頭と太鼓腹の人間の体で、障害を取り払い商売の繁栄を導く神として知られるガネーシャ神は、タイでも頻繁に見かけるヒンドゥー教の神です。

ガネーシャはあらゆる厄を除去し、財産をもたらすと言われ、商業、学問の神もされていてタイで人気の神様。新しい事業を始める時も、まずはガネーシャに祈りを捧げると良いと言われているらしいよ。

ガネーシャに願いをかなえてもらうには・・・。

像の前にはネズミの像が数体ある。ガネーシャの乗り物(使い)だそうだ。「このネズミに願い事をすると叶う」と評判で順番待ちの行列ができていた。ネズミの耳に願いを言うがこの時反対の耳を押さえてないと叶わないらしい?

お願い事はねずみさんへ。片方の耳をふさいで話します

ネズミはガネーシャの乗り物でもある。悪魔を退治してネズミにし、それを操っているということらしい。象という大きな動物が、とても小さいネズミに乗ることで、ガネーシャはなんでも出来るということを意味しているとも言われているらしい。

ほんと万能の神みたい。

ピンクガネーシャにお願いするのではなく、ピンクガネーシャの足であるねずみさんにお願いします。

手前に人がいるところにネズミの像があります。自分の生まれた曜日の色のネズミにこっそりお願い事をするとガネーシャ様に伝えてくれるそうです。

お金を渡して、ねずみの耳の穴(本当に穴が開いています)にこっそりと。もう片方の耳をふさぎながら(向こうに抜けてしまわないように)のスタイルが正しいお願いするみたいです。

行き方

チャチュンサオにあるピンクのガネーシャを見に行くには、エカマイのバスターミナルからチャチュンサオのバスターミナルまでロットゥー(ミニバス)で1時間半くらい(80B)、そこからソンテウで15分くらい(30B)です。

目安にどうぞ

1 2





seaside.seasideさん

役立つ情報を皆様にお届けします。

このまとめに参加する