1. まとめトップ

似合う花冠・似合わない花冠。花冠(ハクレイ)とヘアスタイルの成功事例と失敗原因

花嫁の人気髪型といえば、花かんむり。製作者の声や、失敗要因、成功事例をまとめました。※成功事例は日本人とおもわれる画像のみに絞りました。

更新日: 2019年11月14日

219 お気に入り 1672575 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼まずは花冠製作者の声を聞こう

花冠といえばこんなふうにボリュームのある大き目のお花をぐるっと配置して、さらにダウンヘアにするのをイメージする人が多いですが・・・。

ボリュームのある花冠はものすご~く似合う人と全く似合わない人に分かれます。(製作者原文ママ)

似合う人にはぜひ!とついすすめたくなるアイテムです。
しかし別の形のほうが似合うよなあという場合にははっきりそうお伝えしてみます。

欧米の方の様に華やかな顔立ちで背も高いと、大きなお花が隙間無くあしらわれた華やかな花冠にも負けないが、日本人は骨格や顔立ちからすると難しい。

ハワイの少女のように大きな花冠も悪くはないが、 日本人の顔立ちから言っても、花ばかりが悪目立ちしてしまう。

花冠って日本人の頭の形に似合う人は少ないんです。 頭がすごく大きく見えたり、バランスが悪くなったり・・・

ヘッドドレスやアクセサリーが花嫁さまやドレスより目立ってしまうことは基本NG

大き目の花が均等にぐるっと一周つながっているタイプが多いがハワイアンっぽさが強くなるのでウエディングドレスと合わず、バランスも日本人女性には重たい印象。

▼失敗する例

ぴっちりしていると野暮ったい感じになります。ルーズなまとめ髪にはぴったりあいます。

ダウンヘアで耳を出さず前髪も下ろしたままの場合は、「普通の髪にのせただけ」でドレスとマッチしない感じになります。

花冠があってもなくても、肩以上のダウンヘアで巻きの弱いダウンで前髪も下ろしたままだとドレスとはバランスが悪いですね。

ナチュラル感は大事ですが、ナチュラルなのではなくて「だらしない」感じにならないよう絶妙なバランスが大事です。

花冠に顔が負けたり、シルエットとしておかしい感じになります。

大きくて同じ花でぐるっと作ると野暮ったい感じになります。

大きいとまた、「のっかっている」感が強くてなじみません。

特に小柄な方は大きな花冠は向きません。

大きくて同じ花・大きさの場合はカチューシャのようなつけかたをすると昭和っぽくなります。

また大きな花冠なのに浅くかぶると頭が大きく見えます。

もともとリングガールが主に使用するように、かわいいイメージの花冠。

大人っぽい顔立ちの方や和風美人の方・男性っぽい顔立ちの方は大きな花をぐるっとつけるとミスマッチ。

細い花冠やグリーン中心にすると合うと思います。

また色合いも大事です。

ナチュラルな印象の強い花冠。
特にダウンヘアでカラーリングが不自然だと見た目にナチュラルではないのでミスマッチになってしまいます。
メイクも同様で盛り気味のメイクには不似合いです。

髪の色については真っ黒でもなく、ナチュラルな茶髪が一番合いますが、メイクも含めて「ケバく」なっていないことが重要で、それは人によります。

▼成功している例

太めに作ると可愛らしさ前面に出て来ますので、少しだけ細めに作るのがオススメ。色合いも大人っぽい色合いで。

大きな花冠に違和感があるのは「子どもっぽくなる」からかもしれません。色も落ち着いたものにすると大人にも似合いそうですね。

こういう大人っぽいカラーが製作者のオススメだそうです。
太さの目安もこのくらいで。

ティアラが似合う人=丸顔
花冠が似合う人=面長、という分け方ができるようです。花冠はクールな印象が強い面長の方に柔らかい印象を与える効果があり、おすすめです。

私的におススメ!!素敵だなって思うのはアップヘア+花冠

花冠製作のプロの視点からのコメントです。

コーディネートで大切なのは、全体のイメージ。花冠はカジュアルなイメージ。

カジュアルに見えやすいアイテムなので、それに見合ったドレスや会場の雰囲気が必要です。

お顔立ちがはっきりした花嫁は、少し大きめの華やかな花冠がお似合い

つまりは逆もしかりです。地味な顔の方には大きい花冠は似合わないということです。

花自体のボリュームが大きいほうが、小顔な印象を与える効果も。黒髪の場合は、あまり無造作にしすぎないほうが晴れの日には向いている。

大きな花冠には小顔効果!でも、大きな花冠が似合うのは目鼻立ちのくっきりしたタイプのお顔ということです。

フロントとサイドまでの花冠。ヘアをまとめて色も白のみにしたことでボリュームをだしてもくどくなっていない。

色を抑えるとボリュームがある花冠もハワイアンぽくならずに大人っぽい。

ウェディングドレスに白の花冠の場合はかならず色調をそろえて。

ボリュームがありますが小花を混ぜて多少隙間を入れリズムを作っているところがバランスよくなっているポイントです。

あえて不揃いな花の大きさのほうがナチュラルです。

1 2 3