1. まとめトップ

3ヶ月独学で宅建資格試験に一発合格した勉強法

過去問10年分をすべて暗記すれば、宅建資格試験(宅地建物取引士資格試験)に独学で一発合格できます。ここでは宅建合格のために実践した効率的な宅建勉強法、宅建攻略方法を紹介します。宅地建物取引士は、宅地建物取引業法に基づく国家資格で、重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家です。

更新日: 2016年10月31日

periclesさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1394 お気に入り 1067207 view
お気に入り追加

目次

0. はじめに
1. 準備
2. 宅建必要知識の暗記
3. 宅建過去問10年分暗記
4. 宅建模擬試験
5. おわりに

0. はじめに

過去問10年分をすべて暗記すれば合格できます。ただし、選択肢もすべて正誤判定できるようになる必要があります。暗記だけなら簡単と思いましたが、引っかけ問題や覚えにくいところもあり、意外と大変でした。ここでは暗記に実践した方法を紹介します。
なお想定する勉強時間は、1日あたり3~4時間で、合計300時間以上です。以下に紹介するフリーソフト「Anki」を使用すれば、電車などの移動時間も活用できるでしょう。
大まかな計画は、以下のようになります。

7月下旬 準備
8月 必要知識の暗記
9月 過去問暗記
10月 過去問暗記仕上げ+模擬試験
10月第3日曜日 受験

スマホにも対応している単語帳ソフト「Anki」です。解答する際に、1週間後や10分後などと指定できるので、忘却曲線に従ったタイミングで復習できますし、必ず覚えられます。Web/Windows/Mac/Linux/iPhone/Androidに対応。

Anki
http://ankisrs.net/

Anki Webバージョン
https://ankiweb.net/

Ankiとは、分散学習(Spaced Repetition)ができるフラッシュカードです。
Ankiでは思い出しやすさで次の復習のタイミングが決まります。覚えにくいカードは頻繁に復習し、簡単に記憶できたカードは時間をあけて記憶を確認します。
このような原則に基づくと効果的な結果が得られるという学習理論に基づいて作られています。

1. 準備

1~2週間かけて、マンガを読んで前提知識を習得します。善意悪意といった民法の基本用語や、この後覚えるべき表などのイメージをつかみます。受験したことある人は不要です。

シリーズでいろいろありますが、初めての人は「マンガ宅建塾」を読んでみましょう。大体分かればOKなので、古本でもよいと思います。

初学者の方には、法律は取り付きにくいものです。馴染みやすいマンガから始めて、予め宅建で学ぶことの全体像を見渡しておくと、基本テキストにもスムーズに入っていけるはずです。

2. 宅建必要知識の暗記

表や、語呂合わせを活用し、必要知識をまとめて暗記します。1ヶ月ぐらいかかると思います。ここでは、単語帳ソフト「Anki」に公開登録されている「takkenBasic」Deckを推奨します。カード数100以内です。検索してダウンロードしましょう。すでに勉強している参考書があれば、そちらでもよいと思います。最終的には過去問で知識を定着させます。
 同じ年度の過去問を5回解いても、満点をとることができなければ、覚えていない証拠です。たくさん勉強するのではなく、覚えるまで勉強する必要があります。
 統計については、土地取引件数などいくつかのデータについて、増加か減少かを覚えるだけです。前述の「takkenBasic」には過去のデータが登録されていますので、適宜編集しましょう。

3. 宅建過去問10年分暗記

過去問暗記です。暗記した知識およびゴロ合わせを、実際に問題を解くことで習得し、引っかけのパターンを覚えます。解説のしっかりした過去問集が必要です。

* 計画
9月末に、90%程度できていればよいと思います。10月は模擬試験と、過去問最後の仕上げです。
過去問10年分が余裕の人は、さらに過去に遡っていけばよいと思います。模試ではなく過去問を勧めるのは、電子データがあるためコピペで単語帳に登録できるからです。

* 問題の解き方
試験ではなく、暗記を目的とします。そのため解答は、マークシート塗りつぶしではなく、紙に○×△を記入していきます。
解答例:
 1△ 
 2○ 
 3○△
 4× 
記号の意図ですが、わからないものは△、また自信が無いものについても○×の隣に△をつけます。
大切なのは繰返し回数ではなく、すべての選択肢を自信を持って○×できるかどうかです。10月初旬の完了を目指して、△がなくなるまで繰返します。
なお統計は毎年データが異なるため、過去問では解く必要ありません。最新データを覚え、後述の模擬試験で実践します。

* 暗記方法
使用した問題集は、以下に示す「宅建スーパーWEBサイト 宅建過去問」です。
不正解あるいは△の選択肢について、問題と解説をAnkiにコピペ、そして移動時間などに暗記です。私はPCを使ってWebでコピペ、移動時間にandroidで暗記しました。
Ankiでは、過去問暗記用に新規にDeckを作成するのがよいでしょう。解説文字数が長くて登録できない場合は、少し調整して登録します。

http://tokagekyo.7777.net/pre-exam/index.html

1980年(昭和55年)からの過去問と解答があります。解説が親切丁寧でおすすめです。過去問以外に、対策やツール紹介など内容が充実しており、本気で学びたい人にはおすすめのサイトです。マンション管理士、管理業務主任者試験の受験にも役立つでしょう。

法改正情報から過去問まで、全て無償で提供している正に宅建のデータベース。物凄いボリュームです。

4. 宅建模擬試験

TAC模擬試験問題集(4回分)を1冊購入し、10月初めから試験1週間前まで1回やりました。また、10月に模擬試験を1回受けました。ここで統計知識をアウトプットして習得します。
TACやLECなどでは公開模擬試験を実施してます。実力把握、時間配分実践、マークシートへの慣れ、筆記用具等の使用テスト、持ち物確認などに有効ですので、1度は受験した方がよいです。

極論を言えば、模擬試験の結果に一喜一憂する必要は無く、モチベーションを上げるためだけに模擬試験を利用するのも有意義であると考えます。
試験慣れはもちろん、宅建試験の時間配分などの計画を立てることもできます。

1 2





節約家。農業、料理、語学、IT、筋トレなど、生きることに密着したテーマが中心。情報の整理に主眼を置いた定番まとめを作成。



  • 話題の動画をまとめよう