1. まとめトップ

喪中はがき 無料作成の簡単手順とテンプレート集 寒中見舞・喪中欠礼・年賀状

11月から12月は喪中はがきを出す季節です。みなさんが年賀状を書き始めるのは年賀はがきを手に入れてからですので、それまでには喪中であることをお知らせしましょう。喪中はがきを簡単に作成する手順と様式を紹介します。

更新日: 2015年08月29日

6 お気に入り 22940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●喪中はがきを出す?出さないの判断は?

喪中ハガキを出すのは、一般的に「差出人の二等親まで」とお考えください。
二等親は、「祖父、祖母、姉等の兄弟」等です。

☆ ★ ☆ ☆ ☆ ★ ☆

●喪中はがきの作成手順

①郵便局で喪中はがきを購入

喪中用の印刷はがきを購入し、喪中用の切手を貼ることもできますが、切手を貼るのがとても大変です。なので、郵便局で販売される画像の胡蝶蘭絵柄のはがきを購入します。

②喪中ハガキの無料テンプレートをダウンロード

WORD、一太郎等のソフトで編集可能な無料テンプレートがダウンロードできます。なお、画像のデザインの他にも20種類程のデザインがダウンロードできます。

■無料の喪中ハガキテンプレート
http://www.taka.co.jp/sozai/download/index.html?cid=4&tid=21

③喪中ハガキテンプレートの編集

「喪中ハガキの差出人」と「亡くなった方」との続柄を書く必要がありますが、先の続柄チャートが大変役立ちます。例えば、「息子の嫁は何と書くのか・・・」等。

■左記画像の掲載サイト
http://www.cardbox.jp/guide/products/mochu.html

④印刷して、遅くとも11月末までにはポストへ

年賀状は11月に発売されますが、年賀状の引き受けが12月15日頃なので、早い人なら12月に入ってから年賀状を書き始めるでしょう。
 せっかく年賀状を書いたのに喪中ハガキが届いてしまったなら、その年賀状がムダになってしまいます。ですから、相手が年賀状を書き始める前に喪中ハガキが届くよう配慮しましょう。

☆ ★ ☆ ☆ ☆ ★ ☆

●喪中に年賀状が届いた場合

1月7日を過ぎてから、寒中見舞いを出しましょう。

■無料の寒中見舞いテンプレート
http://www.taka.co.jp/sozai/download/index.html?cid=3&tid=17

1