最初の遺体発見は1982年7月15日。 自転車でペック橋を通りかかった2人の少年がグリーン川中央に沈んでいる木にジーンズで括り付けられた全裸死体を発見した。この遺体は16歳白人の売春婦ウェンディ・リー・コーフィールド。 正式な死因はひも状のものによる絞殺と断定された。1982年8月12日精肉会社の従業員が水位の低くなったグリーン川の砂州に転がっている全裸死体を発見する。23歳白人売春婦デボラ・リン・ボナー。2つの事件の捜査はキング郡警察とケント警察の分けられ同一犯による連続殺人とは考えられていなかった。しかし1982年8月15日 グリーン川を筏で下っていた男性が川底にある2体の全裸の遺体を発見。その遺体は 20キロ近い尖った巨大な玄武岩に押さえられるように固定されていた。31歳黒人売春婦マルシア・フェイ・チャップマン(後にわかるが彼女には犯人のものと見られる噛み痕がついていた)と17才黒人売春婦シンシア・ジーン・ヒンズ 後発見現場を撮影していた刑事たちはグリーン川の水面でも全裸遺体を発見する事になる 16才黒人売春婦オパール。シャルメーヌ・ミルズ。凶器は特定できないがいずれも死因は絞殺による窒息死とされた。後別事件とみられていた ジゼル・ロボン(19歳・売春婦 全裸・絞殺)事件も連続殺人事件の被害者と判明する。グリーン川付近ではなく シアトル・タコマ国際空港人気のない木立・草が伸び放題の袋小路での遺体発見だった。

1984年1月 一向に進まない捜査にテッド・バンディ事件を担当したロバート・D・ケッペルが加わり”グリーン川殺人事件プロジェクトチーム”が設立される。83年末には グリーン川から遠く離れた森で発見された売春婦の白骨死体5体を加え続々と遺体が発見されるようになる。その中のメアリー・ブリジット・ミーハンは唯一埋葬されて発見された。彼女が妊娠8ヶ月だった。.

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゲイリー・リッジウェイ【伝説の連続殺人鬼 グリーンリバー・キラー】

ゲイリー・リッジウェイ(Gary Leon Ridgway, 1949年2月18日 - )はアメリカ合衆国のシリアルキラーである。1982年から1984年にかけて多数の売春婦を殺害、死体をグリーン川に遺棄した。

このまとめを見る