1. まとめトップ

ダルビッシュ記念館が神戸に作られた理由がヤバい

ダルビッシュ記念館「SPACE11」が神戸に作られた理由を調べてみました。なかなかぶっとんだ理由でした。

更新日: 2013年11月11日

2 お気に入り 53284 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼ダルビッシュ記念館

▼ダルビッシュ記念館の住所、電話番号、営業時間

兵庫県神戸市中央区山本通1-7-16 ダルビッシュ・コート3階
TEL0782914515
営業時間10:00~18:00
休館日:水曜日

1、2階には父親の母国イランの伝統工芸品を集めたギャラリーが先行オープンw

▼ダルビッシュ記念館の入場料

記念館の入館料は1000円(中高生600円、小学生300円)

「小学生以下は無料」を検討していたはずなんですが・・・

▼ダルビッシュ記念館って何があるの?

ダルビッシュ投手が小学生の頃に使っていたグラブや、高校時代に春の甲子園でノーヒットノーランを達成した時のボールなど、およそ100点が集められました。

コンピューターグラフィックスのダルビッシュ投手とバッティングセンターのように対戦もできる。

▼なぜ神戸に??

ダルビッシュ投手は大阪府羽曳野市出身だが、幼少のころイラン人の父でマネジメント会社社長ファルサさん(53)と神戸・北野にあるスポーツクラブに通い、街並みを気に入ったファルサさんが建設を決めた

ダルビッシュの出身地大阪でもなく、高校の母校がある宮城県でもない。

親父が町並みを気に入ったから。
ダルビッシュと通ったはどう考えても強引な後付けですよね。
現在親父が神戸在住という所も大きな要因ですかね。

ちなみにNHKでは「父親がかつて通っていたスポーツジムが神戸にあったから」と報道されていましたw

ファルサさんは約30年前に来日。趣味のサッカーをするため、当時、住んでいた大阪府羽曳野市から神戸市中央区の外国人向けスポーツクラブ「神戸レガッタ&アスレチッククラブ」に通った。

やはりダルビッシュ関係ないのか・・・

1