1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

よしもと関係者は同社所属タレントへの悪影響を危惧する。

「芸人の世界は、先輩から頼まれたらよほどのことがない限り断れません。岡村さんも、所得隠し問題以前から板東さんにはお世話になっていますからね。坂東さんの復帰第1弾になったのも、岡村の冠番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』(フジテレビのインターネット配信限定テレビ局ゼロテレビ)です。板東さんは少し図に乗りすぎです。結果的に、岡村さんにも迷惑がかかることです」

●かつてのポジション復帰は難しいのか

 板東といえば、20年以上にわたり確定申告のPRキャラクターを務めてきたが、12年に個人事務所が税金申告漏れを指摘され、東海地方の冠番組2本は打ち切り、レギュラー3本、不定期レギュラー4本の9本すべてを降板し、翌

STAP細胞の論文不正問題で、小保方(おぼかた)晴子・理化学研究所研究ユニットリーダー(当時は客員研究員)らが、2012年7月にほぼ同じ内容の論文を米科学誌サイエンスに投稿した際、審査した査読者から...-毎日新聞-14時間前

新型万能細胞とされるSTAP(スタップ)細胞の論文不正問題で、英科学誌ネイチャーは2日、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)らが執筆した論文2本を取り下げたと発表した。著者による撤回申請を受け決定した。世界的に注目されたSTAP論文は発表から約5カ月で無効となり、研究成果は白紙に戻った。

 取り下げたのはSTAP細胞の性質や作製法を記載し、理研の調査委員会が不正と認定した主要な論文と、細胞の万能性を詳述した補足的な論文の計2本。

 小保方氏は当初、撤回に反対していたが、理研の勧告を受け5月に補足論文、6月に主要論文の撤回に同意。小保方氏とともに反対していた米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授を含む著者全員が同意し、撤回申請していた。

STAP細胞とは、実はさまざまな細胞に成長できるES細胞であったのではないかとの見解が有力視されてつつあるが、このような実情を知っていたにもかかわらず、虚偽の事実を論文化した結果として、理化学研究所の業務に大混乱を来たしたことが、偽計業務妨害罪(刑法第233条)にあたるのではないかという見解が出てきている。

実際に、世界三大ねつ造と指摘されている当事者のうち、ソウル大の黄禹錫元教授については、数十億ウォンにのぼる研究支援金をだまし取ったなどとして業務上横領などの罪で、有罪判決を受けるに至っている。

実際に、小保方リーダーが論文のねつ造を自覚していたとすれば、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に科せられる可能性もあるのだ。

生番組復帰を果たした板東英二(写真は2014年5月3日) 2012年末に個人事務所の所得申告漏れで謹慎し、今年2月に芸能活動を再開したタレントの板東英二(74)が9日、TOKYO MXの情報番組「5時に夢中!」に出演、生番組復帰を果たした…

12年末に約7500万円の申告漏れが発覚した後、11か月の沈黙を挟んで涙の“植毛謝罪会見”を開いた板東英二氏。解説者、司会者、俳優までこなすマルチタレントとしてお茶の間を賑わしてきた彼は、この事件をきっかけに謹慎生活 … 続きを読む

板東英二(73)が2月15日放送の関西テレビ『さんまのまんま』で1年ぶりにテレビ復帰した。 12年末、名古屋国税局から7年間で7500万円の申告漏れを指摘され、休業していた板東。番組では休業中の生活を振り返った。 「何もすることがないので陽が昇るのが辛かった、少年野球の練習に付き合うようになり..

板東英​​二吉本興業入り "後押し"さんま番組で復帰か にも協力を仰いだという。にも困窮していたようだ。いいんだから植毛もいいだろう」と釈明した。ラジオやテレビなど地上波での復帰には至らなかった。

個人事務所が国税局から約7500万円の申告漏れを指摘されたタレント、板東英二(73)が24日、ナインティナイン、岡村隆史(43)のネット生番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」に出演。「本当にいろいろお騒がせしまして」と謝罪し、「目の前にカメラというか、うれしいもんですよ」。
詳細:板東英二『めちゃユル』で電撃復帰「大きな声出してうれしい!」

小倉が「なんか植毛に7000万かかったような言い方してましたけど?」と追及し疑問を
投げかける。その直後から“小倉発言”は「2ちゃんねる」の実況スレで祭り状態に。

またツイッターでは小倉に対する称賛の声も。
〈出演者は興味が無いのか、誰もカツラや植毛に触れない中「植毛に7500万かかったと…」と
話題をズラさなかった小倉智昭さん〉

〈火中の栗拾いに行ったぞ 電車ん中なのに爆笑しちゃったよwwww〉などなど波紋は広がるばかりだ。

見解の相違について板東は「この20年近く植毛をやってきた。カツラが経費で落ちると聞き、植毛も…と思ったら、美容整形と同じだった」と告白。“これでみそぎ?”の問いには「“毛頭”思っておりません」と首を振った。

 また、謝罪会見が遅れた理由を「事務所閉鎖を決心し、法的問題をクリアするために」と話す半面、「僕に流れる野球の血がCS、日本シリーズの間に(記事が出ること)は許せないし恥ずかしかった」と声を振り絞った。一部ではラジオ復帰も報じられたが、「残念ながらどこの局からも話はない」と涙。「仕事以外に取りえがない。何かお役に立てれば」と早期復帰を切望した。

1