1. まとめトップ

「あなたの顔の下半分、大丈夫?」大人ニキビの場所別の原因と効果的な対策

思春期のときは頬やおでこに出来ていたニキビですが、大人になってできるのはフェイスラインや口周りなどの、顔の下側ばかりではないでしょうか。繰り返し出来る大人ニキビですが、方法次第では治せることがわかっています。そこで、場所別の大人ニキビの原因と対処法を紹介します。

更新日: 2017年07月12日

ilabjpnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 148254 view
お気に入り追加

思春期のときは頬やおでこに出来ていたニキビですが、大人になってできるのはフェイスラインや口周りなどの、顔の下側ばかりではないでしょうか。繰り返し出来る大人ニキビですが、方法次第では治せることがわかっています。そこで、場所別の大人ニキビの原因と対処法を紹介します。

■ 思春期のニキビと大人ニキビは違う

簡単に分けると思春期ニキビは顔の上半分、大人ニキビは顔の下半分にできます。下半分、つまり鼻や口周り、アゴあたりにできるニキビのほうが治りが遅いです

繰り返しできて、人目につきやすく、清潔感を損ないがちなこのニキビ、実は生活習慣が原因で出来ていることが大半です

■ 大人ニキビの主な原因

1.睡眠不足

睡眠が不足すると、肌の免疫力が低下し、アクネ菌増殖の原因となります。また、ホルモンバランスも乱れやすくなるので、皮脂の過剰分泌につながります

2.食生活の乱れ

外食中心の食生活や、脂っこいものや甘いものばかりを食べていると、ビタミンやミネラル、食物繊維が不足して、肌荒れの原因となり、ニキビのできやすいお肌になってしまいます

3.ストレス

ストレスをため込むと、副腎皮質ホルモンが分泌され、このときに同時に男性ホルモンを分泌してしまいます。男性ホルモンは皮脂腺を刺激してしまうので、皮脂が過剰に出てしまい、毛穴を詰まらせる原因となります

■ 大人ニキビ対策の基本

根本的な解決は、ニキビを再び作らないための健康な肌づくりです。洗顔、保湿などの日常的なケア、そして時にはクリニックなどの専門家の治療もいいでしょう

パーツ別にきちんと治療法を知って、ニキビと向き合いましょう

■ 場所別の原因と対策

① フェイスライン

フェイスラインのニキビはホルモンバランスの乱れやストレス、血液の循環の悪さなど、大人ならではの悩みと関連が深いのです

フェイスラインのニキビができるときは、精神的にも肉体的にも疲れている状態と言えるかも。自分をいたわり、のんびり過ごしてみましょう

② ほお

頬の位置にできるにきびは、年齢とは関係ないと言われています。それは、食べ物が原因でできるにきびだからです

その悪い食べ物とは、油と添加物を多く含む加工食品類。ジャンクフードに菓子パン、インスタントラーメンやスナック菓子類です。

にきびを治すために、バランスの取れた良い食生活を!と意気込む前に、体に悪い加工食品を減らすことからまずはやってみましょう

③ 口周り

胃腸が疲れていると、体の修復システムはそちらにかかりきりになり、肌をきれいにする余裕がありません

夕食は軽く、寝るときはおなかがすいているくらいのコンディションを保つと治りが早くなります

1 2





ilabjpnさん

雑食系まとめ主