1. まとめトップ
  2. ガールズ

酔いにくいお酒の飲み方♪プチポイントで二日酔いを予防したい

年末年始、クリスマス、忘年会と飲み会の季節。効く食べ物、ドリンク、種類・おつまみ・テクニックをまとめました。なってしまった後のツボ押し、頭痛や下痢にならないコツなど。※なおこれらの手段で必ずしも酔い防止ができるわけではありません。

更新日: 2017年02月13日

269 お気に入り 637582 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

楽しいお酒。

でも、一つ間違うと
命の危険にもつながりかねない
アルコールの影響。

正しく知ってスマートに
楽しむコツをまとめました。

始めが肝心

とにかく空腹はさける。

コンビニなどの『飲む前に!』
とうたっているドリンクでもOK。

買いそびれ時既に遅し。
乾杯!から始った時は口を湿らす程度に
して、まずおつまみを食べよう。

水は必須!

合い間合い間で、水を飲みながら飲む

ビール一杯でも、一緒に水を注文します

水に抵抗があるなら
ソフトドリンクでも。

グレープフルーツジュースは
アルコール代謝にいいようですが、
酸味が強く、胃の弱い人は
避けた方が無難かも。

お酒の種類は?

アルコール度数の低いものが当然酔いづらい。

ウイスキーなど強いお酒は水割りで。
水分とおつまみを交互に口にしましょう。
甘いカクテルは思っているより
度数が強いのでほどほどに。

ちゃんぽん(様々な種類を飲む)は
混ぜたから悪酔いするのではなく
単なる飲み過ぎだそうです。

おつまみのポイント

基本、乳製品が先。
油分は胃の保護になります。
しかしとりすぎると胃に負担が…
カロリーオーバーも気になる。
そんな時はレモンをプラスして。

冷や奴や枝豆などの和のおつまみは
全般的に優秀。積極的に摂ります。

こんな手もある

スナックのお姉さんにこっそり、お酒弱いから
薄くするかお茶だけにしてと耳打します

梅干し入りの酎ハイを 頼んで 薄目でねといいましょう

お店の人に言っておくと
スマートに飲めます。

ボトルキープの場合、濃いめに
出てくる事が多いようですが…
通常のオーダーなら、薄めと言われれば
喜んで作ってもらえるでしょう。

逆に酔いやすいのは?

アルコール度数の低いお酒であっても一気飲みなどをする

酔うポイントは
●空きっ腹
●早飲み
●度数が高い
●体質

場に飲まれないで、落ちついて
飲むことが何より重要になります。

!注意事項

本当に飲めない人は毎日少しずつ飲んでも強くなる事はあり得ないし身体に悪いので絶対にやってはいけません

日本人の37~38%は遺伝的にお酒に弱い体質、6~7%の人は、遺伝的にお酒をまったく飲めない体質である

よく、だんだん慣れると
いいますが、間違いです。

アルコールを分解できない体質の人は
思いのほかたくさんいます。

無理をしない、強要しない。
絶対に守りましょう!

おまけ☆よってしまったら

1 2